メインメニューを開く

赤い鳥文学賞(あかいとりぶんがくしょう)は、日本の児童文学の賞。鈴木三重吉を記念して作られた赤い鳥の会が主催した。事務局は小峰書店内にあった。前年1月1日から12月31日までに(初版)刊行された児童文学作品が対象[1]。2007年、大御所の佐藤さとるが受賞した。2010年の第40回で終了[2]

目次

受賞作一覧編集

脚注編集

関連項目編集

赤い鳥3賞

外部リンク編集