メインメニューを開く

赤井 三尋(あかい みひろ、1955年9月17日[1] - )は、日本小説家推理作家大阪府出身。

赤井 三尋
(あかい みひろ)
誕生 (1955-09-17) 1955年9月17日(63歳)
日本の旗 日本大阪府
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
活動期間 2003年 -
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(2003年)
デビュー作翳りゆく夏』(2003年)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

早稲田大学政治経済学部卒業後、ニッポン放送へ入社。30代半ばから執筆活動を開始し、文學界新人賞江戸川乱歩賞の予選通過歴もある。

2003年、「二十年目の恩讐」で第49回江戸川乱歩賞を受賞した。同作は刊行に当たって、「翳りゆく夏」と改題された。

2006年フジテレビ報道局へ転籍。

作品リスト編集

単著編集

  • 翳りゆく夏』(2003年8月 講談社 / 2006年8月 講談社文庫
  • 『どこかの街の片隅で』(2008年5月 講談社)
    • 【改題】『花曇り』(2011年5月 講談社文庫)
  • 『死してなお君を』(2005年12月 講談社)
  • 『2022年の影』(2008年5月 扶桑社)
    • 【改題】『バベルの末裔』(2011年11月 講談社文庫)
  • 『月と詐欺師』(2010年12月 講談社 / 2013年8月 講談社文庫【上・下】)
  • 『ジャズと落語とワン公と 天才!トドロキ教授の事件簿』(2011年10月 講談社)『面影はこの胸に』文庫

アンソロジー編集

「」内が赤井三尋の作品

  • 乱歩賞作家 黒の謎(2004年6月 講談社 / 2006年7月 講談社文庫)「秋の日のヴィオロンの溜息」

映像化作品編集

テレビドラマ編集

脚注編集