メインメニューを開く

赤井 太志朗(あかい たしろう、1980年9月17日 - )は、日本男性総合格闘家。本名は西内 太志朗(にしうち たしろう)。東京都稲城市出身。ノヴァ・ウニオン・ジャパン所属。

赤井 太志朗
基本情報
本名 西内 太志朗
通称 戦う品川庄司[1]
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-09-17) 1980年9月17日(38歳)
出身地 東京都稲城市
所属 U-FILE CAMP
→U-FILE CAMP 赤羽
ノヴァ・ウニオン・ジャパン
身長 168cm
体重 61kg
階級 フェザー級
バンタム級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2000年9月5日、本名の西内 太志朗でプロデビュー。リングス「BATTLE GENESIS Vol.6」で行なわれた4人参加のWEF出場者決定トーナメントに出場。1回戦で藤原智嗣に3-0の判定勝ちするも、決勝で小谷直之に腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した[2]

2001年5月5日、初参戦となったパンクラスで岩崎英明と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2002年8月24日、Club Contenders 2002で滝田J太郎とコンテンダーズルールで対戦し、時間切れドローとなった[3]

2002年11月4日、初参戦となったシュートボクシング植松直哉と対戦し、0-2の判定負けを喫した[4]

2003年1月25日、初参戦となったマーシャルアーツ日本キックボクシング連盟佐藤堅一とサムライルール(キックボクシング3分2R+総合格闘技5分2R)で対戦し、3Rにスリーパーホールドで一本勝ちを収めた[5]

2003年3月4日、DEEP初参戦となったDEEP 8th IMPACTで竹内コウジと対戦し、0-0の判定ドロー[6]

2003年9月23日、初参戦となったDEMOLITIONで美木航と対戦し、0-1の判定ドロー。

2006年4月2日、パンクラス・ネオブラッド・トーナメント ライト級準決勝で荒牧拓に3-0の判定勝ち。7月28日の決勝で松田恵理也に1-2の判定負けを喫し準優勝となった[7]

2006年10月4日、初参戦となったMARSのMFCチャレンジ・トーナメント1回戦で大塚隆史にチョークスリーパーで一本勝ち[8]。12月22日の準決勝で坪井淳浩に0-3の判定負けを喫した[9]

2007年2月4日、初参戦となったZST「SWAT! 09」のメインイベントで太田裕之と対戦し、右フックでKO勝ち[10]。4月1日、「SWAT! 10」のメインイベントで奥出雅之と対戦し、時間切れドロー[1]。6月10日、ZST本戦デビューとなったZST.13で金原正徳と対戦し、左ストレートでKO勝ちを収めた。試合後のリング上で「もうZSTに俺の相手はいないから、次のリングに上がらせろ!」とアピールした[11]

2007年9月17日、HERO'Sのオープニングファイトで行なわれた「チーム桜畑 VS U-FILE対抗戦」[12]で高橋渉と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年10月26日、1年1か月ぶりの復帰戦となったパンクラス15周年記念興行第2弾でアライケンジと対戦し、1-1の判定ドロー。この試合からリングネームを赤井 太志朗に変更し、所属もノヴァ・ウニオン・ジャパンとなった[13]

2009年8月8日、パンクラスに初参戦した鹿又智成の相手を務め、1-0の判定ドロー[14]

2009年12月6日、パンクラス第5回ism主催興行で滝田J太郎と対戦予定であったが、両者ともに練習中に肉離れを起こし中止となった[15]

2010年9月5日、バンタム級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチで井上学と対戦し、0-2の判定負け喫し王座獲得に失敗した[16]

2010年11月28日、初参戦となったCAGE FORCEで直撃我聞と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[17]

2011年2月6日、パンクラス・バンタム級次期王座挑戦者査定試合で佐藤将光と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[18]

戦績編集

総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
33 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 5 3 8 0 10 0
7 0 1 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
佐藤将光 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【バンタム級次期王座挑戦者査定試合】
2011年2月6日
直撃我聞 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE 2010年11月28日
× 井上学 5分3R終了 判定0-2 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【バンタム級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年9月5日
キム・ホリョン 1R 4:01 肩固め PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年7月4日
清水隼人 1R 4:30 TKO(左フック→パウンド) PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年4月29日
× 川原誠也 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年2月7日
ジョン・ジンソ 2R 3:39 肩固め PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年10月25日
鹿又智成 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年8月8日
村田卓実 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年6月7日
齋藤裕俊 2R 0:58 TKO(パウンド) PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年4月5日
齋藤裕俊 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年12月7日
アライケンジ 5分3R終了 判定1-1 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月26日
高橋渉 5分2R+延長5分1R終了 判定3-0 HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦 2007年9月17日
金原正徳 1R 3:59 KO(左ストレート) ZST.13 2007年6月10日
奥出雅之 5分2R終了 時間切れ ZST SWAT! 10 2007年4月1日
太田裕之 1R 2:16 KO(右フック) ZST SWAT! 09 2007年2月4日
× 坪井淳浩 5分2R終了 判定0-3 MARS 06 "RAPID FIRE"
【MFCチャレンジ・トーナメント 準決勝】
2006年12月22日
大塚隆史 2R 3:05 チョークスリーパー MARS BodogFight 01
【MFCチャレンジ・トーナメント 1回戦】
2006年10月4日
× 松田恵理也 5分2R終了 判定1-2 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント ライト級 決勝】
2006年7月28日
荒牧拓 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント ライト級 準決勝】
2006年4月2日
中條実 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年2月19日
平山貴一 5分2R終了 判定0-0 DEMOLITION 2005年8月28日
松下直揮 5分2R終了 時間切れ club DEEP 7th in 富山 -野蛮人祭り- 2004年10月24日
滝田J太郎 5分2R終了 判定0-1 DEMOLITION 2004年4月8日
深見智之 5分2R終了 判定3-0 DEEP 13th IMPACT in KORAKUEN HALL 2004年1月22日
岩崎英明 1R 4:51 KO(スタンドパンチ連打) DEMOLITION atom 2003年11月19日
美木航 5分2R終了 判定0-1 DEMOLITION 2003年9月23日
竹内コウジ 5分3R終了 判定0-0 DEEP 8th IMPACT in KORAKUEN HALL 2003年3月4日
× 飯田崇人 5分2R終了 判定37-40 ORG the 2nd
【ORGルール】
2002年5月12日
芹沢健一 5分2R終了 時間切れ The CONTENDERS X-RAGE Vol.1
【ORGルール】
2001年12月14日
× 岩崎英明 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2001 PROOF TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 予選】
2001年5月5日
× 小谷直之 1R 0:32 腕ひしぎ十字固め リングス BATTLE GENESIS Vol.6
【WEF出場者決定トーナメント 決勝】
2000年9月5日
藤原智嗣 5分2R終了 判定3-0 リングス BATTLE GENESIS Vol.6
【WEF出場者決定トーナメント 1回戦】
2000年9月5日

ミックスルール編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
佐藤堅一 3R 2:59 スリーパーホールド マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟「EXPLOSION-1」
【サムライルール(キック3分2R+総合5分2R)】
2003年1月25日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
滝田J太郎 5分2R終了 時間切れ Club Contenders 2002 2002年8月24日

シュートボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 植松直哉 3R終了 判定0-2 SHOOT BOXING The age of "S" Vol.5 2002年11月4日

脚注編集

  1. ^ a b 【SWAT】奥出VS西内のライト級注目の一戦はドロー、太田は富山から一本勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年4月1日
  2. ^ 00.9.5 リングス後楽園ホール大会 BoutReview 2000年9月5日
  3. ^ [コンテンダーズ] 8.24 新宿:宇野薫、エキシビジョンでUFC向け手ごたえ BoutReview 2002年8月24日
  4. ^ [シュートボクシング] 11.4 後楽園:サワー、緒形も撃破。魔裟斗戦を熱望 BoutReview 2002年11月6日
  5. ^ [MAキック] 1.25 ディファ:佐藤、U-FILE西内のスリーパーに散る BoutReview 2003年1月25日
  6. ^ [DEEP] 3.4 後楽園:マッハ&三島、DEEPのリングで復活の序章 BoutReview 2003年3月4日
  7. ^ 【パンクラス】「前田吉朗以来の逸材」(尾崎社長)HG川村亮がライトヘビー級制す 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年7月28日
  8. ^ 【マーズ】MFCチャレンジ・トーナメントは西内、坪井、毛利、キム・ドヒョンが準決勝へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年10月4日
  9. ^ 【マーズ】野地は惜しくも判定負け、桜木はファビアーノからTKO勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年12月22日
  10. ^ 【SWAT】総合格闘技の試合でドラゴンスリーパーが極まった! メインは西内太志朗がKO勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年2月4日
  11. ^ 【ZST】小谷・奥出組が勝利も再び遺恨勃発! 鈴木はTKO勝利、フーベンスは植松に圧勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年6月10日
  12. ^ 【HERO'S】9・17オープニングファイトでチーム桜庭VSチーム田村潔司が対抗戦 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年8月28日
  13. ^ 【パンクラス】15周年記念興行でマルロン・サンドロが新王者に!坂口が秒殺勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年10月26日
  14. ^ 【パンクラス】近藤有己が復帰戦でTKO勝ち!竹内ドロー防衛、真騎士が王座奪取 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年8月8日
  15. ^ 【パンクラス】12・6伊藤崇文が修斗との対抗戦に出陣!対戦相手は寿丸 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月24日
  16. ^ 【パンクラス】桜木が川村をKO!井上が王座防衛、VS修斗はパンクラス完全勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月5日
  17. ^ 【ケージフォース】高木がヒジ打ちで佐藤を秒殺!アウトサイダー出身の渋谷莉孔がプロデビュー戦で勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年11月28日
  18. ^ 【パンクラス】桜庭和志の愛弟子・佐藤豪則が一本勝ちでベルト獲得!近藤有己は敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月6日

関連項目編集

外部リンク編集