メインメニューを開く

赤坂の夜は更けて/女の意地」(あかさかのよはふけて/おんなのいじ)は、1965年12月に発売された西田佐知子シングルレコードである。発売元はポリドール・レコード(現:ユニバーサルミュージック)。品番:SDR-1158。

赤坂の夜は更けて/女の意地
西田佐知子シングル
A面 赤坂の夜は更けて
B面 女の意地
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 鈴木道明(M-1・2)
西田佐知子 シングル 年表
女の港
(1965年)
赤坂の夜は更けて/女の意地
(1965年)
花は散りゆく/裏町酒場
1966年
テンプレートを表示

目次

解説編集

ムード歌謡風の2タイトルが収録されたシングル盤。2曲共に作者は鈴木道明で、代表作に日野てる子の「夏の日の想い出」などがある。演奏は、ともにポリドール・オーケストラ。

「赤坂の夜は更けて」は、島倉千代子和田弘とマヒナスターズ三島敏夫武井義明ら他歌手と競作となったが、最もヒットした(一般的に最もメジャーな)ものが西田佐知子版である[1]。のちにちあきなおみ藤圭子麻生よう子など、そのときどきの流行歌手にカヴァーされている。 歌詞は2コーラス分しかないが、西田版は1コーラス分丸々間奏がある。また、1965年大晦日放送の『第16回NHK紅白歌合戦』に出演し(連続5回目)、本楽曲を披露した。

「女の意地」は西田本人が好んで歌い、1970年から1971年頃にリバイバル・ヒット。1970年12月には、新たに録音し直し「赤坂の夜は更けて」とのカップリングでない「女の意地/傷ついた花びら」も発売された。1970年大晦日の『第21回NHK紅白歌合戦』でも披露され、翌年に入り大ヒットし40万枚を売り上げ[2]翌年の年間ヒットチャートオリコン調べ)では第28位にランクインしている。尚、1971年に関口宏と結婚してからは歌手活動をセーブしたため、連続出場10回目を飾った1970年が最後の紅白出演となっている。

レコード会社が共同で製作したコンピレーション・アルバム青春歌年鑑』では、「女の意地」が『青春歌年鑑 1965 BEST30』と『青春歌年鑑 1971 BEST30』の2作品に収録されている。また、『青春歌年鑑 1965 BEST30』には「赤坂の夜は更けて」も収録。

収録曲編集

  1. 赤坂の夜は更けて(3:34)
    • 作詞・作曲: 鈴木道明、編曲: 川上義彦
  2. 女の意地(3:58)
    • 作詞・作曲: 鈴木道明、編曲: 川上義彦

収録作品編集

赤坂の夜は更けて・女の意地

島倉千代子版編集

1965年10月に発売された島倉千代子のシングル。酒井政利のプロデュース作品。多くの歌手との競作となったが、レコードは西田佐知子が多く売り上げ、島倉版のこの曲は西田版の10分の1ほどの売上に留まった[3]

収録曲編集

  1. 赤坂の夜は更けて
    作詞・作曲:鈴木道明、編曲:佐伯亮
  2. 風の中のあなた
    作詞:沢田直美、作曲:戸塚三博、編曲:岡田みのる

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、85頁。
  2. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、203頁。ISBN 4390116495
  3. ^ 酒井政利『誰も書かなかった昭和スターの素顔』、宝島社宝島SUGOI文庫)、2018年、76頁。ISBN 978-4-8002-8990-2