赤坂御用地

赤坂御用地(あかさかごようち)は、東京赤坂にある皇室関連施設の名称であり[1]、敷地内には以下の御所・宮邸がある[2]

  1. 東宮御所
  2. 秋篠宮
  3. 三笠宮
  4. 三笠宮東邸(旧・寬仁親王邸)
  5. 高円宮
  6. 赤坂東邸
赤坂御用地
Akasakagoyouti.JPG
山王パークタワーから見た赤坂御用地
分類 宮殿の収容地
所在地
座標 北緯35度40分38.6秒 東経139度43分42.9秒 / 北緯35.677389度 東経139.728583度 / 35.677389; 139.728583座標: 北緯35度40分38.6秒 東経139度43分42.9秒 / 北緯35.677389度 東経139.728583度 / 35.677389; 139.728583
面積 508,920m2
前身 紀州徳川家の赤坂藩邸
公式サイト 赤坂御用地(宮内庁)

また、敷地の内部には園遊会が開催されることで知られる赤坂御苑がある[2]

財務省によれば、赤坂御用地の資産価値は、1565億円として計上されており、1平米あたり30万円程度[3]

目次

概要編集

 
旧紀州屋敷の門
明治時代初期)

現在の住所で東京都港区元赤坂二丁目のほぼ全域を占める赤坂御用地は江戸時代紀州徳川家上屋敷紀州藩赤坂藩邸)があったところで、明治維新後、政府に接収されて帝室(現在の皇室)に献上されたものである。

赤坂御用地は元々、他の御料地などと同様に皇室財産であったが、第二次世界大戦の敗戦と日本国憲法の公布とともに日本国有に移され、国有財産たる皇室用財産として皇室の用に供せられている[1]

1873年(明治6年)に失火により皇居が焼失した際は、明治天皇がこの地に移り、1888年(明治21年)に新皇居(明治宮殿)が落慶するまでの間、ここを皇居としていた。赤坂御用地の北東に隣接して迎賓館(旧赤坂離宮)があり、訪日した外国賓客の接遇に用いられる。

御所・宮邸編集

東宮御所編集

東宮御所は、赤坂御用地の北部に位置する皇太子徳仁親王一家の御所である。

2019年5月以降は、徳仁親王の即位に伴って赤坂御所として使用され、その後改修を経て上皇となる今上陛下仙洞御所としての使用が検討されている[4]。改修が終わるまでは、高輪皇族邸を仙洞御所の御假寓とする予定。

秋篠宮邸編集

秋篠宮邸は御用地の南東部に位置する秋篠宮家の宮邸である。北に赤坂東邸が隣接し、正門は巽門という。

秋篠宮邸は、改修した旧秩父宮邸を1997年平成9年)3月から現宮邸として使用しているものである[2]

文仁親王が皇嗣となった後は、増築が予定されている他、赤坂東邸も秋篠宮邸と一体となった利用が検討されている[4]

三笠宮邸編集

三笠宮邸は御用地の南側に位置する三笠宮家の宮邸であり、高円宮邸と三笠宮東邸(旧・寬仁親王邸)との間に位置している。

三笠宮邸は1970年昭和45年)11月から現宮邸として使用されている[2]

高円宮邸編集

高円宮邸
情報
用途 高円宮家住居
構造設計者 宮内庁管理部
延床面積 690 m²
階数 地上2階
着工 1985年(昭和60年)8月
竣工 1986年(昭和61年)10月
改築 1991年2000年に増築。2010年に倉庫を新設。
所在地 107-0051
東京都港区元赤坂二丁目1-4
座標 北緯35度40分35秒 東経139度43分27秒 / 北緯35.67639度 東経139.72417度 / 35.67639; 139.72417
テンプレートを表示

高円宮家の宮邸。南仏風アールデコ建築で寄棟造。南側に位置し三笠宮邸に隣接する。現在の居住者は高円宮憲仁親王妃久子承子女王絢子女王

高円宮邸は、1986年(昭和61年)12月から使用されている[2]。地上2階建ての鉄筋コンクリートで、総工費は4億377万円。宮務官侍女、事務室を含め19室あり、パーゴラのある中庭がある。

三笠宮東邸編集

三笠宮東邸
情報
用途 三笠宮家と職員の住居
旧用途 寬仁親王の住居
延床面積 680 m²
階数 地上2階
竣工 1982年(昭和57年)
改築 2004年(平成16年)に増改築。
所在地 107-0051
東京都港区元赤坂二丁目1
座標 北緯35度40分31秒 東経139度43分47秒 / 北緯35.67528度 東経139.72972度 / 35.67528; 139.72972
テンプレートを表示

「みかさのみやとうてい」と読む。かつての寛仁親王の宮邸(寬仁親王邸)。やはり南側に位置し三笠宮邸に隣接する。

地上2階の鉄筋コンクリート建てであり、外回りを含めた総工費は3億8591万円。

当初は、寛仁親王邸として、1982年(昭和57年)12月から使用されている[2]状態となっていた。2012年6月、寬仁親王の薨去に伴い、当主不在のまま寬仁親王家の構成員が、居所はそのままに三笠宮本家に合流することになったため、2013年7月末に、現在の「三笠宮東邸」に改められた。

5人の侍女のための侍女棟が90m2。侍女棟を抜かして15室。当初計画より40m2広く建築された[5]

赤坂東邸編集

赤坂東邸
情報
用途 皇族の共用邸
延床面積 672 m²
※職員棟は約800m2
階数 地上2階(本邸)
地上2階(職員棟)
戸数 2
竣工 1984年3月(本邸)
1990年1月(職員棟)
所在地 107-0051
東京都港区元赤坂二丁目1
座標 北緯35度40分31秒 東経139度43分47秒 / 北緯35.67528度 東経139.72972度 / 35.67528; 139.72972
テンプレートを表示

「あかさかひがしてい」と読む。一時は東宮仮御所とも呼んだ。1990年2月28日、皇太子徳仁親王が独立のために引越す、1997年6月から1998年3月まで、皇太子同妃が東宮御所改修工事のため赤坂東邸(東宮仮御所)に引越。2008年8月から2009年8月、皇太子一家が東宮御所改修工事のため赤坂東邸(東宮仮御所)に引越すなど、皇族が仮住まいなどに使う共用の邸宅である。東側に位置し南に秋篠宮邸が隣接する[6]1984年(昭和59年)、2月に高円宮家の親王同妃が、宮邸建築のためにこの邸を使用した。

赤坂東邸の本邸は総工費が2億6000万円[7]。職員棟は1億3500万円である。

1984年に建設され、総工費2億6千万円。延床面積は700平方メートル[8]1989年(平成元年)、皇太子徳仁親王の独立のため1億3500万円で改修。職員約40人を収容できる、建築鉄筋プレハブ2階建ての付属邸を建築された。1993年、東宮仮御所を結婚までに一部改修するほか小和田雅子の希望をいれ全面的にリフォームした。1990年(平成21年)1月29日に、付属棟の落成式が行われた[9]

将来的に、秋篠宮邸と一体とした活用が検討されており、共用の邸宅としての機能は、仙洞御所御假寓としての使用が終了してからの高輪皇族邸に移される事を予定している[4]

その他の施設編集

赤坂御苑編集

赤坂御苑 は赤坂御用地の中央に位置する池を中心とした回遊式庭園がある。1963年(昭和38年)以来、天皇主催の園遊会会場として用いられることから、テレビ・新聞などのメディアに登場する機会が多い。

赤坂御用地の正門は北側の安鎮坂に面している。薬医門形式で「鮫が橋門」と呼ばれる。前庭や裏庭には、皇后美智子お印である、シラカバが植えられている。ほかに各宮邸への出入り等に用いられる門が御用地の南側と東側にいくつか設けられている。

赤坂御用地は国有財産であるが、原則非公開で、一般市民は原則として立ち入り禁止となっている。

皇宮警察本部赤坂護衛署編集

皇宮警察本部の護衛署のひとつ。鮫が橋門の東にある。赤坂御用地内及び常盤松御用邸(常陸宮邸)の区域を担当する。

過去に存在した施設編集

青山御所
大正天皇御所
青山東宮御所
迪宮裕仁親王東宮御所
赤坂大宮御所
皇太后節子大宮御所
赤坂御所
今上天皇御所

事件・事故編集

  • 1975年(昭和50年)9月4日、赤坂御用地前の青山通りに停車していた車の中から爆弾が発見された(東宮御所前爆弾所持事件)。
  • 2006年(平成18年)7月2日第26回全国高等学校クイズ選手権の関東予選のテレビ番組収録で、オリエンタルラジオ中田敦彦とインストラクターがタンデムジャンプでクイズの正解を示すために神宮球場に降下する予定だった[10]。しかし本番で予想外の突風が吹き流された[10]。インストラクターが空き地を探して降下したところ、神宮球場から約1.1km離れた赤坂御用地の鮫が橋門近くの広場に着地した[10]。日本テレビ広報部は「事前にテスト降下し成功していた。本番でも風の情況でも問題がないと判断した」とコメント[10]。降下後、2名は皇宮警察から厳重注意を受けたあと解放された[10]。日本テレビは、このハプニング映像を収録していたが、「全国高等学校クイズ選手権」の本放送に際してはカットされ、映像は放送されていない。

脚注編集

  1. ^ a b 皇室関連施設、宮内庁のウェブサイト、平成24年4月2日閲覧
  2. ^ a b c d e f 東宮御所・宮邸、宮内庁のウェブサイト、平成24年4月2日閲覧
  3. ^ 国有財産の増減及び現在額に関する説明書
  4. ^ a b c 天皇陛下の御退位に伴うお住居の移転等について(平成29年12月18日発表)宮内庁 2017年12月18日
  5. ^ 朝日新聞縮刷版(1982年12月)1036頁
  6. ^ 赤坂御用地の略図
  7. ^ 講談社・プラスアルファ文庫 雅子妃の新しい皇室づくり(2001年12月)P162
  8. ^ 朝日新聞縮刷版(1993年6月)P400
  9. ^ 卜部侍従日記4巻 289頁
  10. ^ a b c d e 「「ご難続き」皇宮警察の困惑 ニュース・スピリッツ」、『週刊朝日』第40巻第2号、朝日新聞社、2006年7月21日、 142頁。

関連項目編集

外部リンク編集