赤城 宗徳(あかぎ むねのり、1904年(明治37年)12月2日 - 1993年(平成5年)11月11日)は、日本の政治家、教育者、剣道家。衆議院議員(当選15回)。栄典正三位勲一等、永年勤続議員表彰。剣道範士

赤城 宗徳
あかぎ むねのり
生年月日 1904年12月2日
出生地 日本の旗 日本茨城県筑西市(旧・上野村
没年月日 (1993-11-11) 1993年11月11日(88歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 霞ヶ浦高等学校理事長・校長
所属政党 (無所属→)
翼賛政治会→)
護国同志会→)
日本協同党→)
(無所属→)
自由党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員
法学士
剣道範士
親族 妻・赤城ヒサ、孫・赤城徳彦

日本の旗 第42代 農林大臣
内閣 第3次佐藤改造内閣
在任期間 1971年7月5日 - 1972年7月7日

日本の旗 第33代 農林大臣
内閣 第2次池田第3次改造内閣
第3次池田内閣
第3次池田改造内閣
第1次佐藤内閣
在任期間 1963年7月18日 - 1965年6月3日

日本の旗 第11代 防衛庁長官
内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年6月12日 - 1959年6月18日

選挙区 茨城県第3区
当選回数 4回
在任期間 1979年10月8日 - 1990年1月24日

その他の職歴
日本の旗 第25代 農林大臣
1957年7月10日 - 1958年6月12日
日本の旗 衆議院議員
1952年10月2日 - 1976年12月9日
日本の旗 衆議院議員
1937年5月1日 - 1945年12月18日
テンプレートを表示

農林大臣内閣官房長官防衛庁長官などを歴任。農林水産大臣を務めた赤城徳彦元衆議院議員は孫。親戚に元経団連会長・稲山嘉寛がいる。

目次

来歴・人物編集

茨城県真壁郡上野村(後の明野町、現在は筑西市)の代々名主をつとめた家に生まれる。若くして父康助[1]を失い母むめと祖父喜八郎に育てられる。

旧制下妻中学卒業。1927年東京帝国大学法学部法律学科を卒業。地元の上野村村長を経て、1937年衆議院議員に立候補し当選する。しかし、その翌年「当選無効」となり、衆議院議員を失職する[2]1942年翼賛選挙大政翼賛会の推薦を受け再選する。当選後、岸信介率いる護国同志会、その後は日本協同党に所属して活動するが、戦後、公職追放を受ける。その最中に行われた1947年第1回統一地方選挙では妻のヒサが上野村長に当選し、全国で4人生まれた女性首長の一人となった[3]

1952年第25回衆議院議員総選挙自由党公認で立候補し当選。政界に復帰後は吉田茂政権打倒に動き、1954年自由党を離党し鳩山一郎を総裁とする日本民主党に参加した。その後、1955年保守合同にともない自由民主党に参加、岸派に属した。

1957年第1次岸内閣の農林大臣として初入閣する。農相に就任した赤城を待ち受けていたのが日ソ漁業交渉であり、赤城は、イシコフ・ソ連漁業大臣との間に「100日漁業交渉」と呼ばれる激烈な交渉を繰り広げた。この漁業交渉がきっかけとなって、後年赤城は日ソ親善協会会長をつとめる。第2次岸内閣で内閣官房長官、そして、日米安保条約改定をめぐる政局では、1959年第2次岸内閣改造内閣にて主務大臣である防衛庁長官に就任する。1960年安保闘争に際して反対する数万人規模のデモが連日国会を囲む中、首相岸信介自衛隊治安出動を打診されるが、“自衛隊が国民の敵になりかねない”と反対したことで知られる。

1962年、岸が派閥を福田赳夫に譲る言動を取るとそれに猛反発し、川島正次郎椎名悦三郎らと川島派を結成し岸と決別。川島派を継いだ椎名派が解散した後は三木→河本派に加わった。総務会長時には将来総理となる大平正芳官房長官に「法案の閣議決定の前に総務会にご連絡願いたい」という書簡を送り現状の自民党のシステムを作った。1971年第3次佐藤内閣改造内閣でも農林大臣をつとめる。1976年の総選挙で落選するが、1979年に国政復帰。1990年に政界を引退し、地盤を(当時農林水産省の官僚だった)孫の徳彦に譲る。

霞ヶ浦高等学校の校長を1956年から1990年まで務めた。1956年から1967年までは学校法人霞ヶ浦高等学校の理事長も兼務した。

平将門の研究[4]でも知られる。他に回想記『日ソ関係を考える 激動の大正・昭和を生きて』(新時代社、1982年)と、小冊子『わが百姓の記 日本の農業と農村を想う』(筑波書林、1985年)がある。

著書編集

  • その後 (鳥羽書房 1938年)
  • 南方圏を視る (長谷長次共著 新日本同志会 1941年)
  • パプアの農業建設 ニューギニア開発の方針 (南方建設中央研究所 1943年)
  • 苦悩する農村 農業問題管見 (万有社 1953年)
  • わが百姓の記 (平凡社 1958年)
  • ラテン・アメリカの旅より (全国拓植農業協同組合連合会 1958年)
  • 平将門 (産業経済新聞社 1960年 のち角川選書)
  • 将門記 真福寺本評釈 (サンケイ新聞出版局 1964年)
  • ふるさとの心 (共同通信社開発局, 1966年)
  • 記者席からみた国会十年の側面史 安保から安保まで (鈴木孝信共編 サンケイ新聞社出版局 1969年)
  • あの日その時 (文化総合出版 1971年)
  • 将門地誌 (毎日新聞社 1972年)
  • 今だからいう (文化総合出版 1973年)
  • 初心生涯 (文化総合出版 1975年)
  • 赤城宗徳と平将門 (楡の木会 1976年6月)
  • 素顔のソ連邦 (徳間書店 1980年12月)
  • 日ソ関係を考える 激動の大正・昭和を生きて (新時代社 1982年4月)
  • 私の平将門 (崙書房 1983年11月)

参考文献編集

系譜編集

  • 赤城氏
                        
               中曽根康弘  
                  ┃   
                  ┣━━━┳美智子
                  ┃   ┃
         小林儀一郎━━━蔦子   ┃  
                      ┗美恵子 
                 ┏渥美昭夫  ┃
                 ┃      ┃
          渥美育郎━━━╋渥美謙二  ┃
                 ┃      ┃
                 ┗渥美健夫  ┃
                   ┃  ┏渥美直紀
                   ┣━━┫
                   ┃  ┗渥美雅也
                     ┏伊都子
                     ┃
                鹿島守之助   ┃石川六郎
                  ┃    ┃ ┃
                  ┃    ┣よし子
          鹿島精一   ┣━━━━┫
               ┃    ┃    ┃平泉渉
               ┃    ┃    ┃ ┃
               ┣━━━卯女    ┣三枝子
               ┃         ┃
               ┃         ┃
        鹿島岩蔵━━いと        ┗鹿島昭一
                         ┃
                         ┃
                       ┏公子
         梁瀬長太郎━梁瀬次郎━━━━┫
                       ┗弘子
                        ┃
                        ┃
                 ┏━━━━稲山孝英
    稲山伝太郎━稲山嘉寛━━━┫
                 ┗━━━━稲山繁孝
                        ┃
赤城喜八郎━━赤城康助             ┃
           ┃    ┏━━赤城正武━━博子
           ┣━━━┫
           ┃    ┗━━赤城宗徳
          むめ        ┃
                     ┣━━━━━━赤城毅彦━━━赤城徳彦           
                     ┃
                    ヒサ

脚注編集

  1. ^ http://kingendaikeizu.net/seizi/akagi.htm
  2. ^ 「議会制度百年史 院内会派編衆議院の部」
  3. ^ この統一地方選挙で夫の公職追放後に妻が立候補して首長となった例は、他に岐阜県本巣郡瑞穂村1948年から瑞穂町)の松野友がいる。ヒサの退任時期は不明だが、上野村が1954年に合併に参加して明野町となった後には同町長にはなっていない。出典:「都道府県市区町村」女性首長の一覧[1]
  4. ^ 『平将門』(角川選書・角川書店)、『将門地誌』(全三巻、ふるさと文庫・筑波書林、のち新編)、『私の平将門』(崙書房)を著した。

関連項目編集


議会
先代:
林百郎
  衆議院懲罰委員長
1980年 - 1981年
次代:
中野四郎
公職
先代:
倉石忠雄
重政誠之
井出一太郎
  農林大臣
第42代:1971年 - 1972年
第32-34代:1963年 - 1965年
第25代:1957年 - 1958年
次代:
足立篤郎
坂田英一
三浦一雄
先代:
伊能繁次郎
  防衛庁長官
第11代:1959年 - 1960年
次代:
江崎真澄
先代:
愛知揆一
  内閣官房長官
第19代:1958年 - 1959年
次代:
椎名悦三郎
党職
先代:
周東英雄
自由民主党政務調査会長
第13代 : 1965年 - 1966年
次代:
水田三喜男
先代:
保利茂
自由民主党総務会長
第8代 : 1961年 - 1963年
次代:
藤山愛一郎