赤尾 勝己(あかお かつみ、1957年 - )は、日本教育学者、関西大学教授。

来歴編集

福岡県生まれ。千葉県立木更津高等学校卒業。1985年慶應義塾大学大学院社会学研究科教育学専攻博士課程単位取得後退学。1987年洗足学園大学(現:洗足学園音楽大学)専任講師、1988年帝京技術科学大学(現:帝京平成大学)専任講師、1995年関西大学文学部助教授、2002年教授。2008年大阪大学大学院人間科学研究科人間科学専攻教育学系教育環境学講座生涯教育学研究分野博士課程修了、「生涯学習関連施設における市民企画講座の形成過程に関する研究 現代的課題についての講座プログラムを中心として」で博士人間科学)。広島大学大学院教育学研究科京都大学大学院教育学研究科東北大学大学院教育学研究科で非常勤講師を歴任。2019年6月から豊中市教育委員会委員、2019年10月から関西大学教職支援センター長、2021年4月から放送大学客員教授を務める。2022年9月から日本学習社会学会会長を務める。

著書編集

  • 『教育学を学ぶ人へ 新しい教育学要論』杉山書店 1990
  • 『生涯学習概論 学習社会の構想』関西大学出版部 1998
  • 『生涯学習の社会学』玉川大学出版部 1998
  • 『生涯学習社会の可能性 市民参加による現代的課題の講座づくり』ミネルヴァ書房 2009
  • 『新しい生涯学習概論 後期近代社会に生きる私たちの学び』ミネルヴァ書房 2012

共編著・編著編集

翻訳編集

参考編集