赤尾雄人

日本のバレエ評論家、翻訳家

赤尾 雄人(あかお ゆうじん、1960年- )は、ロシアおよびバレエ研究家(専門は古典バレエ論)。

経歴編集

東京生まれ[1]東京都立戸山高等学校卒業。 1983年東京大学教養学部教養学科ロシア分科卒業。1985年同大学院総合文化研究科比較文学比較文化修士課程修了[1]。1985年-2019年株式会社小松製作所(コマツ)勤務。1991年-95年モスクワ駐在。2001年-04年モスクワ駐在、2004年-05年アシガバートトルクメニスタン)駐在、2005年-06年ジャカルタ駐在。2009年-15年モスクワ駐在。2020年退職、フリーの研究者。

ダンス・マガジン』(新書館)や各種ダンス・バレエ公演のプログラム等に寄稿、ダンス・バレエ関連の著書や訳書も手掛けている[1]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『オックスフォード バレエダンス事典』,pp.718