メインメニューを開く
赤山城址
本丸の南堀跡

赤山城(あかやまじょう)は、埼玉県川口市にあった赤山陣屋とも表記される。埼玉県指定文化財(旧跡)。

目次

概要編集

江戸時代初期の1629年(寛永6年)に関東郡代伊奈忠治赤山領の拠点として築城した[1]。現在は堀跡などが残り、一部が公園として整備されている[1]。本丸と出丸の間には東京外環自動車道が建設されている。また、城址の南端あたりには川口パーキングエリアが建設されている。また、赤山城から3方向に赤山街道が整備され、現在も道路として現存する路線も多い。越谷方面に向かう越谷道、与野方面に向かう大宮道、竹ノ塚方面に向かう千住道がある。

赤山陣屋の模型が、赤山歴史自然公園内の資料館に展示されている。

城主編集

アクセス編集

所在地

脚注編集

  1. ^ a b c 赤山陣屋 - 朝日新聞社(コトバンク)、2015年11月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集