メインメニューを開く

赤川 元秀(あかがわ もとひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏の家臣。

 
赤川元秀
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正19年12月30日1592年2月13日
別名 通称:又五郎、十郎左衛門
官位 筑前守受領名
主君 毛利元就輝元
氏族 赤川氏
父母 父:赤川就秀
兄弟 元秀安近元通元之
正室:井上元盛の娘
継室:野上房忠の娘
元房長沼元正国司元蔵正室

生涯編集

赤川氏桓武平氏土肥氏の一門・小早川氏の庶流。

毛利氏家臣である赤川就秀の長男として生まれる。初めは井上元盛の娘を娶るが、後に離縁し、野上房忠の娘を継室に迎えた。

天文10年(1541年)の吉田郡山城の戦いを初めとして、天文12年(1543年)の第一次月山富田城の戦いや天文24年(1555年)の安芸国矢野の戦いなどで武功を立て、毛利元就から感状を与えられた。

永禄11年(1568年)の大友氏攻めでは陣奉行を命じられ、元亀3年(1572年)の毛利氏掟では年寄衆の一人として掟を確認している。天正8年(1580年)頃には備後国福山城を守備し、400貫の給地宛行を毛利輝元から約束された。

天正19年(1591年12月30日に死去。子の元房が後を継いだ。

参考文献編集

  • 舘鼻誠「元就・隆元家臣団事典」(河合正治編『毛利元就のすべて(新装版)』新人物往来社、1996年
  • 萩藩閥閲録』巻32「赤川勘解由」、巻76「赤川忠右衛門」