メインメニューを開く

赤星 統家(あかほし むねいえ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将

 
赤星統家
Akahoshi Muneie.png
赤星統家肖像(広福寺所蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 享禄3年(1530年
死没 元和5年(1619年
主君 大友義統龍造寺隆信島津義久
氏族 赤星氏
父母 父:赤星親家
兄弟 統家詮宗
新六郎、親武蒲池鎮漣正室、女子

出自編集

赤星氏は、菊池氏の一族で、菊池武房の弟・赤星有隆を祖とする。隈部氏城氏と共に菊池氏の三家老家の一つで、肥後国の有力な国人領主であった。

略歴編集

享禄3年(1530年)、赤星親家の子として誕生。父・親家と近隣の強大勢力である大友義統から1字ずつ取って統家と名乗る。

父・親家の死後、隈府城主となる。龍造寺隆信が肥後に侵攻すると、2人の子を人質に出して降伏した。しかし、龍造寺氏からの参陣要請を幾度も無視したため「疑心あり」と見なされ、天正11年(1583年)には差し出していた人質[1]が処刑された。これを大いに恨んだ統家は、反龍造寺の旗色を鮮明にして、島津氏の幕下に入り、翌天正12年(1584年)の沖田畷の戦いでは先鋒を務めた。島津家久の陣に赤装束に縄襷(なわだすき)という出で立ちで、50人の兵と共に参加している。

しかし、以後も島津氏と共に行動したことが原因で、豊臣秀吉九州平定の後に所領を没収され、最後は阿波国で死去した。

なお、統家の娘は筑後国柳川城蒲池鎮漣の正室であり、朽網鑑房の室となった蒲池徳子の母親とされる。また、加藤清正に仕えた赤星親武は統家の子とされる。

脚注編集

  1. ^ 14歳の息子・新六郎と8歳の娘の兄妹。