メインメニューを開く

赤木 駿介(あかぎ しゅんすけ、1929年 - )は、日本の競馬評論家作家

人物編集

明治学院大学中退東京経済大学中退。主婦の友社平凡出版日本リサーチセンター勤務を経て1967年フジテレビ競馬中継』の解説者となる。同番組には1975年まで出演した。ハイセイコーを熱心に取材し、1975年に『実録ハイセイコー物語-愛されつづけた郷愁の馬』を出版した。

1974年、卯月久晴名義で応募した『蟻と麝香』で小説サンデー毎日・時代小説部門新人賞を受賞[1]1990年[2]に競馬評論をやめたのち小説家に転じ、おもに時代小説歴史小説を手がける。日本の近代農畜産・競馬の発展に足跡を残したお雇い外国人エドウィン・ダンの生涯を追う評伝小説や、徳川吉宗が輸入したアラビア馬(ペルシャ馬)をめぐる人間模様を描いた時代小説など、にまつわる作品も多い。また、『天下を汝に』や『石川五右衛門』など、歴史上の著名な人物を新視点から描いた作品も多い。

作品一覧編集

脚注編集

  1. ^ 『うらら未亡人の競馬必敗法』巻末の品川達夫による解説(p.370)より
  2. ^ 『うらら未亡人の競馬必敗法』の作者プロフィール

関連項目編集