赤湯町

日本の山形県南陽市にある温泉

赤湯町(あかゆまち)は山形県東置賜郡にあった。現在の南陽市南東部にあたる。本項では町制前の名称である赤湯村(あかゆむら)についても述べる。

赤湯町
廃止日 1967年4月1日
廃止理由 新設合併
宮内町赤湯町和郷村南陽市
現在の自治体 南陽市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
東置賜郡
面積 41.10km2.
総人口 12,860
国勢調査1965年
隣接自治体 上山市
東置賜郡宮内町、高畠町、和郷村
赤湯町役場
所在地 山形県東置賜郡赤湯町
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 山 : 秋葉山、高戸山、高ツムジ山、大洞山、鍋石山、高岡山
  • 河川 : 最上川

歴史編集

交通編集

鉄道路線編集

上記のほか、町域を長井線(現・山形鉄道フラワー長井線)が通過したが、駅は所在しなかった。旧町域に所在する南陽市役所駅は当時は未開業。また、赤湯駅は隣接する和郷村に所在した。

道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 赤湯町廃止時点では上山・山形方面が国道指定されていた
  2. ^ 赤湯町廃止時点では国道指定されていなかった

出典編集

  1. ^ 南陽市埋蔵文化財調査報告書第5集 『蒲生田山古墳群・総合公園内遺跡群発掘調査報告書』 p.4, 山形県南陽市教育委員会, 2012年3月31日発行

参考文献編集

関連項目編集