赤羽接遇所 (あかばねせつぐうしょ)は幕末の1859年安政6年8月)、飯倉五丁目のこれまで講武所付属調練所であった地2800坪(現在の東京都港区東麻布一丁目12番、14番など)に作事奉行関行篤らによって建設された外国人のための宿舎兼応接所である。黒の表門をもち、高い黒板塀で囲まれており、内部は間口十間、奥行二十間のものと、間口奥行各十間のものとの2棟の木造平屋家屋から成っていた[1]

幕末にわが国を訪れたプロシアの使節オイレンブルクは、上陸後直ちにここを宿舎として日普修好通商条約を結び、またシーボルト父子やロシアの領事ゴシケーヴィチなどもここに滞在し、幕末における外国人応接の舞台となった。

1861年1月14日(万延元年12月4日)にはアメリカ公使ハリスに雇われた通訳のヘンリー・ヒュースケンは赤羽接遇所に滞在していたプロイセン王国使節のもとを訪れたのち、麻布善福寺にあったアメリカ公使館に戻る途中、古川にかかる中の橋の北側で攘夷派の武士らに襲撃され翌日死亡した。

脚注編集

  1. ^ 麻布區史、麻布区役所編、1941年3月、p379