メインメニューを開く

赤羽 秀男(あかば ひでお、1951年2月18日 - )は、栃木県出身の元騎手

赤羽秀男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県
生年月日 (1951-02-18) 1951年2月18日(68歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 東京・茂木為二郎(1972 - 1976)
東京→美浦・佐藤林次郎(1976 - 1989)
初免許年 1972年3月4日
免許区分 平地(初期には障害競走の免許も保持)
騎手引退日 1989年4月9日
重賞勝利 1勝
通算勝利 139勝
テンプレートを表示

目次

来歴編集

実家は農家。小学校2年時に父が脳卒中で倒れてそのまま息を引き取り、母が家業を引き継いだ。叔父にすすめられて中学卒業後に馬事公苑騎手養成長期課程を受験したが、40kg規定のところを42kgと体重オーバーで不合格。東京で浪人生活を送ることになり、出版社で返本の片付けや電話応対のアルバイト、文房具店で店員をしながらロードワークで減量に励む中、母が肝癌のため宇都宮市内の病院で死去。2度目の受験では見事に合格したが、卒業後の騎手免許試験も1度目は不合格となり、東京競馬場・茂木為二郎厩舎の下乗り騎手として入門。2度目の試験で合格して1972年に茂木厩舎からデビューし、同年3月4日の1回中山3日目第6競走「未勝利戦」のパラマスで初騎乗(14頭立ての5着)。4月9日の2回中山6日目第2競走「未出未勝」のオカザキジョウで初勝利を挙げ、1年目は平地10勝、障害2勝の合計12勝をマーク。2年目の1973年には自己最高の27勝で全国19位と成績を上げ、3年目の1974年からは平地の騎乗に専念し、同年の14勝を最後に勝利数は一桁台となる。1976年には恩師・茂木の死去により佐藤林次郎厩舎に移籍し、同年の牝馬東京タイムズ杯でベロナスポートに騎乗して自身唯一の重賞制覇を飾る。新馬戦からアイフル、リアルバースデー、リンドホシ、ハーディゴッドをお手馬にしていたが、茂木厩舎の先輩であった菅原泰夫大崎昭一に乗り替わったため、重賞の勝鞍を上げるまでは騎乗できなかった。1989年3月30日の騎乗を最後に引退。

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 136 125 152 1,318 1,731 .078 .129
障害 3 4 7 28 42 .071 .167
139 129 159 1,346 1,773 .078 .151

主な騎乗馬編集

参考文献編集