メインメニューを開く

赤色テロ(せきしょくテロ)とは、革命勢力や反政府勢力、共産主義政府が起こすテロである。対義語で、復古勢力や政府が起こすテロは白色テロと呼ばれる。

目次

語源編集

「白色テロ」「赤色テロ」という用語はカール・マルクスの文献においても見られるが、本格的に行われるようになったのは、ロシア革命ウラジーミル・レーニンが樹立したボリシェヴィキ政権からである。

事件例編集

ロシア編集

レーニンは、早くから革命にはテロリズムは必要であると考えていた。彼はフランス革命や自らの兄アレクサンドル・ウリヤノフも信奉したロシアの虚無主義セルゲイ・ネチャーエフを研究し、熱心にテロを奨励したと言われている。

1918年8月30日、左翼社会革命党の党員ファニヤ・カプラン英語版がレーニンを狙撃した暗殺未遂事件が発生すると、同年9月にレーニンは「赤色テロ」政令を発して、「白色テロには赤色テロで応じる」ことを宣言した。しかし既にボルシェビキによるテロはいたる所で行われており、この宣言はそれを正当化した形であった。レーニンは、秘密警察チェーカー(後のKGB)を動員して反対派を徹底的に粛清。国民に密告を奨励して「反革命」とみなされた人物を次々と逮捕・処刑した。ロマノフ朝最後の皇帝であったニコライ2世一家もエカテリンブルクで全員虐殺された。この他の皇族や、資産家、クラークなども、亡命できた者を除いて「人民の敵」というレッテルを張られて裁判もなしに殺害された。これらの事実は欧米に衝撃を与え、ナチズムなどの反共主義が広がる要因となった。

カンボジア編集

1976年に親米政権を打倒して政権を掌握したクメール・ルージュは、農村部から都市部に至るまで、反対派を大量に殺戮した。クメール・ルージュによる大量殺戮は、1979年ベトナム軍が介入するまで続いた。

関連項目編集