メインメニューを開く

赤頭巾ちゃん御用心」(あかずきんちゃんごようじん)は、レイジーの3枚目のシングル1978年2月5日RCAから発売された。

赤頭巾ちゃん御用心
レイジーシングル
初出アルバム『This is the LAZY
B面 恋のピエロ
リリース
規格 EP
録音 1978年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル RCA
作詞・作曲 杉山政美
都倉俊一
プロデュース 岡村右
チャート最高順位
レイジー シングル 年表
カムフラージュ
1977年
赤頭巾ちゃん御用心
(1978年)
燃えろロックン・ロール・ファイアー
(1978年)
This is the LAZY 収録曲
ヘイ! アイ・ラブ・ユー!
(2)
赤頭巾ちゃん御用心
(3)
ハロー・ロスアンジェルス
(4)
レイジーを追いかけろ 収録曲
ヘイ! アイ・ラブ・ユー
(13)
赤頭巾ちゃん御用心
(14)
Collection〜情熱の青春 収録曲
二人の宝島
(10)
赤頭巾ちゃん御用心
(11)
燃えろロックン・ロール・ファイアー
(12)
ベスト 収録曲
カムフラージュ
(3)
赤頭巾ちゃん御用心
(4)
ダンス・ウィズ・ミー
(5)
テンプレートを表示

目次

概要編集

前作「カムフラージュ」が周囲の期待ほどには売れ行きが伸びず、事務所から「次で売れなければ契約打ち切り」と最終通告されたレイジーが起死回生として発売したシングルで、彼らにとって初の大ヒット曲となった[1]

振付師・土居甫による振り付けがつけられ、カラフルな衣装を纏うなど、当時の彼らが要求されていたベイ・シティ・ローラーズ風の路線を色濃く反映した曲となった[1]。20万枚以上の売り上げを記録し、初めてオリコンの全国ランキングにランクインした。1978年3月5日発売のアルバム『This is the LAZY』に収録、ベスト・アルバムにも必ず収録される代表曲である。

一方、元々ハードロックを目指していた当人達にとっては、この曲は必ずしも望ましいものではなかったようである。この曲のヒットによって本来の路線とは異なるアイドル的なイメージが定着してしまったこと、その後再びヒット曲が少なくなってしまった[2]ことも、未だメンバーに複雑な感情を抱かせる要因となっている。

そのためか、再結成後のライブではこの曲は封印され、冗談でイントロのフレーズが断片的に演奏されることはあっても、きちんとした形で演奏されたことは一度も無い。影山ヒロノブは、自身がパーソナリティを務めていたラジオ番組『ラジオ・スーパーロボット魂』でこの曲が話題に挙がった際に「当時の印象が強すぎるので(完全なハードロックバンドと化した)再結成後は歌えない」と発言している。高崎晃に至っては「この曲を演奏しないこと」を再結成の条件にしたほどである[3]1999年渋谷公会堂ライブで影山が「それは次の解散ライブの時にやろう」と発言したが、これも冗談めかした言い方である。また、現在はレイジーとしての本格的な活動が樋口宗孝田中宏幸の相次ぐ死去もあって不定期になっているため、実現するかどうかは不明。

高崎の他に生前の樋口もこの曲を極端に嫌っていたが、影山・井上俊次(生前晩年の田中も)は現在はそこまでは嫌っておらず、高崎や生前の樋口が関係していない場所では歌ったり演奏したりする事がある[4]。この面でも解散時に浮き彫りとなったヘヴィ・メタル志向の高崎・樋口 (LOUDNESS) とポップス志向の井上・田中(ネバーランド)の音楽性の違いが表れている。

後年、高崎によると赤頭巾に限って自分達がレコーディングで演奏していない事を暴露。理由について「ある日オケが上がってきて歌だけ入れて、実際、デビュー曲とかは自分らでも演奏してみたんだけど、やっぱりスタジオ・ミュージシャンとかに任せた方が全然上手いし。」「ディープ・パープルの曲とかをある程度のレベルで演奏できてもポップスを演奏するのは難しかった。まだみんな下手糞やったんですよ。そこでプロの厳しさを知ったし、シンプルなことほど難しいねんな、と気付かされたわけです」と事務所判断で差し替えされた事を明かしている[5][6]

2017年の高崎・影山・井上の対談[7]では、再結成で演奏しないことについて、高崎は「いい曲なんやけど、やらん」「普通にあれをやってるんだったら『ええ曲やね』って思うんやけど、派手なジャンプスーツ着てさ、ピンク・レディーみたいに足をパカパカやったり」と、楽曲自体は評価しつつも、振り付けと衣装に違和感を感じていたことを述べ、影山も「たっかんは、曲だけじゃなくて、衣装とか振付とかその当時の黒歴史がともに甦ってくるのが嫌なんだよね」とその心情に理解を示していた。

収録曲編集

(全作詞:杉山政美、作曲・編曲:都倉俊一

  1. 赤頭巾ちゃん御用心
  2. 恋のピエロ

収録アルバム編集

曲名 アルバム 発売日 備考
赤頭巾ちゃん御用心 This is the LAZY 1978年3月5日 1stオリジナルアルバム
恋のピエロ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「仕事人秘録 バンダイナムコアーツ副社長 井上俊次氏 アニソンブームを越えて(8) 背水の陣で待望のヒット」『日経産業新聞』2018年7月27日付、19頁。
  2. ^ 実際には次のシングル『燃えろロックン・ロール・ファイアー』がこの曲よりも上位(31位)にランクインしている。
  3. ^ ライブDVD『LAZY LIVE 2002 宇宙船地球号II〜regenerate of a lasting worth〜』(2003年、ランティス)の映像特典より。また、高崎は再結成当時に雑誌のインタビューで「この曲をやるくらいなら再結成しない」と語っている。但し、ライブビデオ『HAPPY TIME TOUR '98〜黒頭巾のなすがまま〜』(1998年、エアーズ)には、高崎が楽屋で歌っている様子が収録されている。FCイベントのカラオケコーナー等でも歌ったりしている。
  4. ^ 『ラジオ・スーパーロボット魂』内で水木一郎との弾き語りで披露。また、影山がソロで参加しているライブ等では幾度となく歌われている。
  5. ^ 『ヘドバン Vol.4』(2014年 シンコーミュージック・エンタテイメント)24p
  6. ^ プロデューサーであると同時に事務所のオーナーでもあった藤田浩一は、後年杉山清貴&オメガトライブをプロデュースした際にも、「バッキングに関して、洋楽ファンが抵抗なく入ってこれるように非常に高いレベルを要求したため、スタジオミュージシャンの起用も致し方なかった」と、同様の手法を取ったことをボックスセット『EVER LASTING SUMMER COMPLETE S.KIYOTAKA&OMEGA TRIBE』に掲載のインタビューでコメントしている。
  7. ^ アニソンもヘヴィメタも、僕らの青春はここが原点だった! 影山ヒロノブ、高崎晃、井上俊次……40年後のレイジー伝説 - 久保田泰平、GetNavi web(学研プラス)、2017年12月22日、17時30分配信。

カヴァーしたアーティスト編集

OToGi8によるカバー編集

赤頭巾ちゃん御用心
OToGi8シングル
B面 赤頭巾ちゃん御用心【i-pop ver.】
カラフル☆DRIVE
リリース
規格 マキシシングル
録音 2010年
  日本
ジャンル J-POP(アニメソング
時間
レーベル flying DOG
作詞・作曲 杉山政美(作詞 #1)
都倉俊一(作曲 #1)
中野愛子(作詞 #3)
深澤秀行(作曲 #3)
チャート最高順位
OToGi8 シングル 年表
-赤頭巾ちゃん御用心
(2010年)
-
テンプレートを表示

OToGi8のシングルとして2010年8月11日flying DOGから発売されたカバーバージョン。

表題曲「赤頭巾ちゃん御用心」は、テレビアニメ『オオカミさんと七人の仲間たち』のエンディングテーマとして使用されたもので、深澤秀行によりファミコン風にアレンジされており、2曲目にも別アレンジバージョンとして赤頭巾ちゃん御用心【i-pop ver.】が収録されている。3曲目の「カラフル☆DRIVE」は、中野愛子が作詞を手掛けている。

収録曲編集

  1. 赤頭巾ちゃん御用心 [2:53]
    作詞:杉山政美、作曲:都倉俊一、編曲:深澤秀行
    テレビアニメ『オオカミさんと七人の仲間たち』エンディングテーマ
  2. 赤頭巾ちゃん御用心【i-pop ver.】 [2:43]
  3. カラフル☆DRIVE [3:46]
    作詞:中野愛子、作曲・編曲:深澤秀行
  4. 赤頭巾ちゃんご用心(カラオケ
  5. 赤頭巾ちゃん御用心【i-pop ver.】(カラオケ)
  6. カラフル☆DRIVE(カラオケ)

外部リンク編集