メインメニューを開く

赤鱲角(ツェックラップコック/せきろうかく)は香港西部の海域、ランタオ島東涌の以北に位置する

赤鱲角
A bird's eye view of Hong Kong International Airport.JPG
所在地 香港の旗 香港
座標 北緯22度18分19.1秒 東経113度55分18.6秒 / 北緯22.305306度 東経113.921833度 / 22.305306; 113.921833
面積 12.70 km²
赤鱲角の位置(香港内)
赤鱲角
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
赤鱲角
繁体字 赤鱲角
簡体字 赤鱲角
香港内の赤鱲角の位置(赤)
ランタオ島の埋立地(灰色)

概要編集

面積 12.70 平方キロメートルは香港第4の大きさ。元々現在のような大きさではなく、埋立地の後に香港国際空港の所在地となった。

名称は以前近海で豊富に獲れた魚類の一種「赤鱲」から。香港にのみ生息するカエルの一種で手の指ほどの大きさの「盧文氏樹蛙」は、空港建設前にラマ島に送られ、生息している。以前「赤鱲角村」という村があったが、現在は東涌に移され、赤鱲角新村と称されている。

香港政府は空港を建設する際、赤鱲角の大部分の土地を平らにし、東南側の過路湾の「観景山」が残った。観景山の山頂からは香港国際空港を発着する飛行機を眺望することができる。また、西南の欖洲は、海を埋め立てて空港を建設する際、赤鱲角と一つになった。