メインメニューを開く
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

赤13号(あか13ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

赤13号
慣用色名称「小豆色」
 
16進表記 #88474B
RGB (136, 71, 75)
マンセル値 3.5R 3.8/6
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
赤13号を地色とした415系
幕板と腰板を赤13号とした交直流両用急行形電車
EF81形電気機関車

目次

概要編集

「あずき色」「ローズピンク」とも称される。また、この色を地色とした電車は、「赤電」とも呼ばれた。

国鉄では交直両用車両電車機関車)の標準塗装としてこの色を採用した。1961年に401系・421系の地色として採用されたのが始まりである。その後、1962年にはEF80形の地色、交直両用急行形電車451系・471系の裾色など、一貫して交直両用車両の外部塗色として使用されている。

交直両用車以外の車体色としては、直接制御式交流電車試験車であるモヤ94形(→クモヤ791形)の地色として使われていた。

交直両用電車が運行される常磐線や、東北北陸九州地区では急行普通列車の色として親しまれたが、1980年代以降は各地で新塗装の導入が始まり、分割民営化後は電気機関車を除きこの色はほとんど姿を消している。

使用車両編集

電車編集

  • 周波数50Hzのみに対応するものは前面上部に、周波数60Hzのみに対応するものは車体下部全周にわたりクリームの帯を配して識別した(前面上部に識別帯があったものは401系・403系のみ)。415系と457系はどちらの周波数にも対応している。
  • 417系
  • 交直流事業用電車各形式

機関車編集

  • ED46形としての製造当初は赤13号と異なるピンク色に塗られていたといわれるが、後に赤13号で塗装された。

近似色編集

関連項目編集