メインメニューを開く

超世代軍(ちょうせだいぐん)は、かつて全日本プロレスで活動したプロレスラーのユニット。

概要編集

1990年三沢光晴が中心となり川田利明田上明小橋健太菊地毅小川良成(準メンバー)ら当時の若手選手たちによって結成、ジャンボ鶴田スタン・ハンセンらトップ選手の打倒を掲げた。鶴田率いる鶴田軍や外国人チームとの激しい闘争でファンの人気を獲得し、天龍源一郎ら主力選手の大量離脱によって存続の危機に立たされた全日本プロレスを救った。鶴田が第一線を退くと、外国人選手や脱退した川田・田上の聖鬼軍らと激闘を繰り広げ、90年代の全日本を支え、「四天王プロレス」と呼ばれるスタイルを確立し一時代を築いた。その後、離脱した小橋、秋山らの台頭と共にユニットとしての機能が形骸化し1998年に解散。

後に四天王と呼ばれる四人(三沢、田上、川田、小橋)が短期間ではあるが同時にメンバーとなっていた唯一のチームである。

2002年プロレスリング・ノアにおける浅子覚の引退興行で三沢・小橋・浅子組はそれぞれ超世代軍時代のコスチュームと入場テーマ曲で登場し、一夜限りの再結成を果たした。

メンバー編集

戦績編集

関連項目編集