超人ハルク』(ちょうじんハルク、原題:The Incredible Hulk)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ。UPNで1996年から1997年にかけて全21話(2シーズン)放送され、日本では2004年に『インクレディブル・ハルク』のタイトルで一部エピソードがDVD化された他、2006年12月3日から2007年8月25日にかけてトゥーン・ディズニーJETIX)で放送された。

モンスターとしてのハルクは実写ドラマ版で同じキャラクターを演じたルー・フェリグノが当てた[1]。このシリーズはシェア・ワールド・マーヴェル・アニメ・ユニヴァースというコンセプトの一環となっており、マーヴェル・コミックの他の漫画のキャラクターが登場する回が多い。そのため、1994年ごろに放送されていた『ファンタスティック・フォー』や『アイアンマン』とのクロスオーバー回も存在する。

第1シーズンが暗すぎるし[2]、女性の視聴者も欲しいとUPNが判断したため[2]、UPNはシーハルクのレギュラー化を要請した。結果として原題がThe Incredible Hulk and She-Hulkに変わってしまい、さらにはグレイハルクまで登場した。

登場人物 編集

ロバート・ブルース・バナー(Robert Bruce Banner)
声 - ニール・マクドノー(ブルース・バナ)、ルー・フェリグノハルク)、マイケル・ドノヴァン(グレイハルク)/日本語 - 乃村健次
本作の主人公。第1話からすでにハルクとして存在しており[3]、軍に追われている。
ベティ・ロス(Betty Ross)
ジェニー・フランシスフィルセ・サンプラー/松下こみな[4]
リック・ジョーンズ(Rick Jones
声 - ルーク・ペリー/日本語 - 立花慎之介[5]
サンダーボルト・ロス将軍(General Thunderbolt Ross)
声 - ジョン・ヴァーノン
Samuel Laroquette
声 - ケビン・ソーン
(Major Glenn Talbot)
声 - ケビン・ソーン
リーダー(Leader)
声 - マット・フリューワー/日本語 - 伊藤昌一
ガーゴイル(Gargoyle)
声 - マーク・ハミル/日本語 - 三浦潤也
アボミネーション(Abomination)
ケビン・ソーン(1996年のみ)→リチャード・モル(1996年 - 1997年)
(Agent Gabriel Jones)
声 - トム・バリー
ドク・サムソン(Dr. Leonard Samson)
声 - シャドー・スティーブンス
ジェニファー・ウェルターズ(Jennifer Walters)/シーハルク(She-Hulk)
声 - リサ・ゼインクリー・サマー(第2シーズン)/日本語 - 笹川麗子[6]

ゲストキャラクター 編集

Taylor
声 - Leigh Baker Bailey
Zzzax
声 -マイケル・ベル、Leeza Miller McGee、ケビン・ソーン
サスカッチ(Sasquatch)
声 - クランシー・ブラウン
アブソービング・マン(Absorbing Man)
声 - ジム・カミングス
ダン・ケッチ(Dan Ketch)/ゴーストライダー(Ghost Rider)
声 - リチャード・グリエコ
Miss Allure
声 - ジェニファー・ヘイル
ジム・ローズ(Jim Rhodes)/ウォーマシン(War Machine)
声 - ドリアン・ヘアウッド
トニー・スターク(Tony Stark)/アイアンマン(Iron Man)
声 - ロバート・ヘイズ
Jefferson Whitedeer
声 - マイケル・ホース
Ogress
声 - キャシー・アイアランド
H.O.M.E.R.
トム・ケイン
Scimitar
声 -トム・ケイン
ドクター・ストレンジ
声 - モーリス・ラマーシュ
Mr. Walters
声 - スタン・リー
The Hybrid
声 - ドーン・ルイス
シング(Thing)
声 - チャック・マッキャン
ウェンディゴ(Wendigo)
声 - リーザ・ミラー・マッギー
マイティ・ソー/ドナルド・ブレイク
声 - ジョン・リス=デイヴィス(マイティ・ソー)、マーク・L・テイラー (ドナルド・ブレイク)
Evil Being/Dark Hulk
声 - ケビン・マイケル・リチャードソン
Dr. Walter Langkowski
声 - ピーター・ストラウス
ドクター・ドゥーム
声 - サイモン・テンプルマン
ジョン
声 - エリック・ヴェスビット
ミスター・ファンタスティック
声 - ボー・ウィーヴァー

その他 編集

スタッフ 編集

オリジナル版
日本語版

放映リスト 編集

第1シーズン 編集

話数 邦題 原題 脚本 演出 放送日
 
1 超人の復活 パート1 "Return of the Beast, Part 1" ボブ・フォワード リチャード・トゥルーブラッド 2006年12月3日
2 超人の復活 パート2 "Return of the Beast, Part 2" レオ・サリバン 2006年12月10日
3 ザックス誕生 "Raw Power" ジェス・ウィンフィールド ダン・トンプソン 2006年12月17日
4 アイアンマンの友情 "Helping Hand, Iron Fist" スチワート・セント・ジョン エルネスト・ロペス 2006年12月24日
5 友情の証 "Innocent Blood" ボブ・フォワード リチャード・トゥルーブラッド 2007年1月7日
6 小さな友達 "Man to Man, Beast to Beast" レン・ヴァイン トム・タタラノウィクス 2007年1月14日
7 ドクター・ドゥームの陰謀 "Doomed" ボブ・フォワード ダン・トンプソン 2007年1月21日
8 ファンタスティックな仲間 "Fantastic Fortitude" トム・タタラノウィクス
エルネスト・ロペス
2007年1月28日
9 ウィルスの襲撃 "Mortal Bounds" アーネスト・ロペス ブルース・リード・シェーファー
グレッグ・ブレア(ストーリー原案)
2007年2月4日
10 ウィンディゴの呪い "And the Wind Cries...Wendigo!" トム・タタラノウィクス
アーネスト・ロペス
メグ・マクラリン 2007年2月11日
11 光と影 パート1 "Darkness and Light, Part 1" トム・タタラノウィクス
エルネスト・ロペス
ボブ・フォワード 2007年2月18日
12 光と影 パート2 "Darkness and Light, Part 2" リチャード・トゥルーブラッド スティーブン・ギャラント
シンディー・クラーク
2007年2月25日
13 光と影 パート3 "Darkness and Light, Part 3" ディック・セバスト 2007年

第2シーズン 編集

話数 邦題 原題 脚本 演出 放送日
 
14 灰色のハルク "Hulk of a Different Color" ロン・マイリック ボブ・フォワード 2007年
15 ジェニファーの同窓会 "Down Memory Lane" メグ・マクラリン 2007年
16 ブルースの心の旅 "Mind Over Anti-Matter" ジョン・センパー 2007年
17 愛の証 "They Call Me Mr. Fixit" ボブ・フォワード 2007年
18 華麗なる戦い "Fashion Warriors" ジョン・センパー 2007年
19 ドクター・ドゥーム再び "Hollywood Rocks" ダイアン・フレスコ 2007年4月
20 幻の村 "The Lost Village" アン・ナップ・オーステン
ダグラス・スローン
2007年4月
21 パパとの和解 "Mission: Incredible" メグ・マクラリン 2007年5月5日

ホームメディア 編集

VHS 編集

いずれも日本未発売。シリーズ放送中に20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメントからVHSが発売された。

VHSタイトル 収録内容 発売日 販売元 ストックナンバー
Return of the Beast 超人の復活 パート1
超人の復活 パート2
1997年7月2日[9] 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント 4190

1990年代後半には、マーベル・フィルムズ/ニュー・ワールド・エンターテイメントから別のVHSが発売された。

VHSタイトル 収録内容 発売日 販売元 ストックナンバー
Return of the Beast 超人の復活 パート1
超人の復活 パート2
ボーナスエピソード:
ファンタスティック・フォー
『若き王ブラック・パンサー』
『ドクター・ドゥームとの決戦』
1997年6月17日[10] マーベル・フィルムズ/ニュー・ワールド・エンターテイメント 03003
Raw Power ザックス誕生
アイアンマンの友情
ボーナスエピソード:
ファンタスティック・フォー
『シルバー・サーファーと宇宙神ギャラクタス パート1』
『シルバー・サーファーと宇宙神ギャラクタス パート2』
1997年9月9日[11] 03013
Innocent Blood 友情の証
小さな友達
ボーナスエピソード:
アイアンマン

『アイアンマンの誕生 パート1』
『アイアンマンの誕生 パート2』
1997年11月4日[12] 03023

DVD 編集

日本では2004年11月17日にブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメントから日本語字幕版が発売された。

タイトル 米国発売日 ストックナンバー 日本発売日 型番
インクレディブル・ハルク[13]
(Incredible Hulk)[14]
2003年6月17日 29044
29055
2004年11月17日 VWDS4890
エピソード:
  • 超人の復活 パート1 & 2
  • ザックス誕生
  • アイアンマンの友情

特典映像(アメリカのみ)[15]

  • 1966年版のエピソード『超人ハルクの誕生(The Origin of The Hulk)/邦題不明(Enter the Gorgon)/邦題不明(To Be a Man)』

ネット配信 編集

アメリカでは2019年11月12日[16]、日本ではビデオマーケットで配信されており、トゥーンディズニー放送時の映像をそのまま見ることができる。2021年10月よりDisney+で『インクレディブル・ハルク』というタイトルで配信されている(日本語音声のみ搭載)。

脚注 編集

  1. ^ “Hulk Smash Television!”. IGN. http://uk.tv.ign.com/articles/881/881149p4.html 2010年9月9日閲覧。 
  2. ^ a b Toonzone: Marvel Animation Age: Interview with Dick Sebast
  3. ^ The Incredible Hulk Animated: Other Hulk Cartoons
  4. ^ プロフィール”. ケンユウオフィス. 2023年11月28日閲覧。
  5. ^ プロフィール”. BLACK SHIP. 2023年11月28日閲覧。
  6. ^ プロフィールアクセント、2011年2月11日保存、2023年11月28日閲覧)※レディーハルクと表記
  7. ^ プロフィール青二プロダクション、2023年10月29日閲覧)2006年11月のアーカイブでは先行放送。
  8. ^ プロフィール”. プロダクション・エース. 2023年11月28日閲覧。
  9. ^ The Incredible Hulk: Return of the Beast [VHS]: Movies & TV. (2017-05-13). ISBN 978-0793941902 
  10. ^ The Incredible Hulk: Return Beast VHS]: Movies & TV”. Amazon. 2017年5月13日閲覧。
  11. ^ The Incredible Hulk: Raw Power VHS]: Movies & TV”. Amazon. 2017年5月13日閲覧。
  12. ^ The Incredible Hulk: Innocent Blood VHS]: Movies & TV”. Amazon.ca. 2017年5月13日閲覧。
  13. ^ インクレディブル・ハルク”. マーベル. 2023年2月21日閲覧。
  14. ^ The Incredible Hulk VHS/DVD”. usask.ca. 2010年3月28日閲覧。
  15. ^ The Incredible Hulk at dvdempire”. dvdempire.com. 2010年4月7日閲覧。
  16. ^ Basically Everything Coming to Disney+ in the U.S. | Start Streaming November 12 - YouTube

外部リンク 編集