超国家主義『民族の意志』同盟

超国家主義『民族の意志』同盟[1](ちょうこっかしゅぎ みんぞくのいしどうめい、英語: Ultra-nationalist movement "Alliance of the People's Will"(MINZOKUNOISI)は、超国家主義攻撃的民族主義狂信的愛国心を掲げる日本政治団体。日本語名の略称は民族の意志(みんぞくのいし)。

日本の旗 日本政党
超国家主義『民族の意志』同盟
日本語
中央執行委員長 森垣秀介
成立年月日 1995年(平成7年)
本部所在地
〒102-0072
千代田区飯田橋2丁目-11-10 総合経営ビル401号室
政治的思想・立場 超国家主義
機関紙 『突撃』
党旗
公式サイト 超国家主義『民族の意志』同盟
テンプレートを表示

概要 編集

委員長の森垣秀介(もりがき しゅうすけ、1957年(昭和32年)3月 - )は、昭和55年、早稲田大学政治経済学部卒業。卒論は「来るべき社会~民族社会主義」[2]攻撃的民族主義を掲げ、戦後日本を規定する民主主義自由主義国際主義及び白人帝国主義の打倒による国体の復権と新たなる世界秩序文明の創造を目標としている。同盟ユーチューブチャンネル概要欄においては「ポツダム議会屋を粉砕する第四の維新、白人帝国主義を打倒する新文明闘争、壮大なロマンによって日本を真の独立国家とし、大アジア共同体の樹立するため邁進する」と述べている[3]

目下の課題として、国連の設立過程から存続意義と国内食糧自給率について設立当初から提起しつづけており、2020年には時代に即した内容に刊行物が再編集される[4]

主たる政治的目的 編集

  • 白人帝国主義打倒[5]
  • 「西洋・近代・キリスト教文明」打倒[6]
  • 第四の維新[7]
  • 新文明闘争[8]

綱領[9] 編集

一・我々は国体理念と民族自決権に基づき、すべての日本人を糾合し大日本国を建設することを要求する。

二・我々は極東軍事裁判を正当とするあらゆる日本民族の不平等性の破却を要求する。

三・我々は正当なる民族の領土を要求する。

四・国家の指導および法規を決定する権利は単に日本国民のみに属するものとす。

五・日本国民はすべて平等なる権利および義務を有する。

六・日本国民各自の唯一の義務は民族共同体への精神的または肉体的奉仕によるものにある。

個々人の利益は公共の利益に背反してはならない。また、全体の利益はすべてのものの利用のために行われなければならない。

七・我々は不労取得の廃止を要求する。

八・我々は強力国家構築のため、あらゆる分野における自給自足体制への促進を要求する。

九・我々は基幹産業における公正運営と社会全体への調整のため、経営の国家化を要求する。金融資本は特に社会化することを要求する。

十・我々は大企業における利潤分配制度を要求する。

十一・我々は福祉事業の大拡張を要求する。青少年の健全な育成および高齢者に対する環境整備を要求する。

十二・我々は自然環境と人間の調和を要求する。

十三・我々は我が国民の需要に適応せる土地制度改良、公益的な目的のためにする土地無償収容に応ずる法律の改定、地代の廃止、およびあらゆる土地投機の禁止を要求する。

十四・我々は公共の利益を害する活動をなすものに対する躊躇なき闘争を要求する。

下劣なる国民的犯罪者、暴利者などはその理由の如何を問わず死刑をもって罰すべきものとする。

一五・我々は「近代・西洋・キリスト教」文明に毒されたあらゆる価値観・法秩序にとってかわり、日本の伝統に基づいた一般法の制定と、法規に対する国体の優先を要求する。

一六・すべての有能かつ勤勉なる日本人により高き教育をうけしめ、かつこれによりて指導的地位に進むを得しむるため、国家は全国民教育の根本的改造に対し配慮すべきものとす。

一七・我々は傭兵の廃止、徴兵制による国軍の編成を要求する。

一八・我々は日本民族を侮辱する報道・出版・マスコミ等に対して徹底した闘争を展開すると同時に営業停止、責任者罷免、閉鎖を含めた法的闘争を要求する。

一九・我々は国家の存立を危殆ならしめず、あるいは日本民族の習慣および道徳の感情に反せざる限り、国内におけるすべての信教の自由・言論の自由・結社の自由を要求する。

二〇・以上のすべてを遂行するために我々は国家の強力なる中央集権の確立、全国家およびその組織一般の上に臨む政治的中央政府の絶対権威を要求する。

国会にとってかわる職能別議会の設立を要求する。

二一・我々は500年に及ぶ白人覇権を一掃し、少数民族の独立を支援する闘争を展開し、ここに有色人種の権益を守護し健全な自立を果たすべく、大アジア共同体を建設することを要求する。

そのうえで、我々は、世界における道義的統一と恒久平和実現の促進者たらんことを誓盟する。

党の指導者は以上の諸事項の遂行のために必要なる場合には自己の生命を賭して邁進することを誓約す。

政策[10] 編集

経済

  • 政治の経済に対する優先
  • 手段としての経済システム・階級協調経済
  • 国家の優先
  • 生産手段の公共化
  • バーター貿易を推進

憲法

  • 国體あっての憲法
  • 現行憲法は、時代にそぐわなくなってきた
  • 事実上、政治・経済・文化・国防等あらゆる分野が米国の支配下にある段階で、いったい憲法や法律だけが独自路線を歩むことができようか。

農政

  • 自給自足経済
  • 農政機関の再編

北方領土

  • 千島・樺太の返還を求め、奪還も辞さない。

議会制民主主義の否定

  • 間接民主主義の是正し職能別代表者による諮問機関へと変更。

街宣活動 編集

  • 「ひとに聴かせてやろうなんておこがましいことは言わない。自分のためにやる」「聴衆があつまると、ヤジなどは、まったくウェルカムですよ」
  •  
    令和4年4/10撮影の新街宣車
    現在の街宣車は「トヨタGC-KR42V」である[11]
  •  
    平成28年撮影の灰色の旧街宣車
    それ以前に使用していたハイエースは10年近く使用した後、退役(廃車)となる。
  • 団体構成員は十数名(同盟員、会員、賛助会員)。なお、同盟員は数名程度(10人に満たない)。構成員は、普段は普通の仕事をしている社会人である(委員長警備班長山﨑英夫は、タクシードライバー、関西支部長小灘精一芸術家とのこと)。政治と大衆文化は別と考えており、日本製品にこだわることはない[11]
  • 「組織は有機体。創設は平成7年12月9日だが、新しい会員・党員が来た時点でその都度創設日のつもりでやれ」「惰性は厳禁」「大丈夫だろう。は命取り」と常に緊張感を持ち続けるようにと訓示し続けている。
  • 長らく毎年5月3日は朝日新聞本社への糾弾街宣並びに同社社員へ抗議文を手渡しすることが慣例となっていたが、平成30年に同社から「頼むから来ないで欲しい」旨の切実なる信書が来たため以降は同日における同社への糾弾を控えている。
  • 同様の事例はNHK本社や日本共産党本部にも適用している。
  • いわゆるアファーマティブ・アクションに対し、逆に少数者への憎悪へと発展すると平成8年には警鐘を鳴らしている[12]
  • 戦後議会制民主主義への糾弾はブレる事無く、一環して展開し続けている。
     
    平成17年集会に用いられたビラ

人事構成 編集

序列(過去の人事に拠る) 役職名 氏名
1 中央執行委員長 森垣秀介
2 組織部長兼突撃隊班長 和田浩治
3 突撃隊委員長警護班長 山﨑英夫
4 関西支部長 小灘精一
5 思想研究所長 長田耕治
6 宣伝部長 稲美良太
7 国防担当 門脇憲
8 組織部次長 芳賀誠

[13]

同盟入党など 編集

 
突撃隊旗

同盟への入党には誓盟文の提出が必要。誕生日には、森垣が、各自にお祝いのメールをするほどのまめさ。他団体とのかけもちは不可。任侠団体及び宗教団体でも、自分のポリシーをもってやっているならば問題なし。[14]同盟員には「24時間365日運動」を求める。

  • 隊服着て徒党を組んでイキがることが運動ではなく、ひとりのときが本当の運動という考え[14]
  • 隊服は寅壱[14]。シャツは無印良品
  • 公安警察(公安調査庁など含む)に対しては、「(お互い立場は違うけれど)腹括って仕事してるやつだったら、オレは認めるけど、中途半端に仕事するヤツには、何かあったときに困ると…最初から要らねえ」とのこと[14]
  • 同盟旗は、勾玉(まがたま)×4の四つ巴。「ナチス・ドイツハーケンクロイツを多少は意識している」とのこと[15][16]
  • 同盟旗の他、突撃隊旗が存在する。これは同団体の前身組織である重遠社の関連団体「新民族主義青年同盟」の当時、委員長だった森垣が結成した「突撃隊」から引き継がれた「稲妻と龍」を模した物である。(こちらもジークルーンを意識しており、平成7年8月6日には既に確認できる)
  • 16条の旭光に4つ巴の同盟旗は平成12年に制定[17]、腕章への切り替えはその後の平成12年夏頃から普及[18]
  • なお、腕章の旭光は12条、バッジは14条。
  • 寅壱型の黒隊服の導入は平成13年から[19]
 
平成7年8月6日の集会における一場面

あいちトリエンナーレ事件 編集

攻撃的民族主義、狂信的愛国心を掲げるわりには、2019年(平成30年)8月7日、同盟東海盟友会員であった室伏良平が、あいちトリエンナーレに抗議し、警察官に「ガソリンだ」などと言いながらバケツの液体(水)を足にかけたとされる事件[20]で、公務執行妨害の現行犯で逮捕された際に「除名処分」に処している。左記は、同団体が、同盟ホームページほかにて主張している「力を伴う運動」と矛盾するのであるが、同時に「暴力的行為及び違法行為はしない」ことを旨としていると主張しているためであると推認される。

*禁止されている二重党籍が逮捕時に発覚し、接見時に彼がアナキズム系の団体を選んだ為。(内部通達2019/08/30.16:13による。時系列的に勾留満期の約一週間経って正式に除名となったというのが正しい)

代表者である森垣は、「うちらは、そんなひどいことはやらない団体なんですよ。違法なことはやらない。相手を殴ったりはしない」と述べている[21]。同時に、日本の政治を「政治じゃない。ただの国連外交」と痛烈に批判している。

民族の意志同盟宣伝部 編集

この記事主題を監視及び編集している同盟のアカウントである。自身のウィキペディアを30連投で編集してしまうと云う荒業を披露した。また、出典として、購入しなければ読むことすら出来ない自身の機関紙の販売リンクnote(有料:一部1,000円(税込み))を列挙し貼りまくると云う商魂のたくましさを併せ持つ。「剛腕同時に捨て身」であり、ネットリテラシーの低さを露呈させてしまった。以前は、「宣伝情宣局」と称していた。

その他 編集

一時期(3年間近く)、千葉麗子が行動を共にしており、街宣車に上り街頭演説等をおこなっていた[22]

1990年代には、元オウム真理教信者の猪瀬正人(平成10年6月2日脱退[23]:現フリーライター)、国民戦線社代表の荒木雅弘2015年入党、2020年退会、現在も同盟のブログをお気に入りに入れているため良好な関係にあるもよう。)[24][25]や、新民族主義青年同盟関西総支部長の満尾昌利(脱退日不明)[26]、同盟元組織局長松田哲2005年5月以降脱退)[要出典]及び当時バンド活動をしていた雨宮処凛(平成11年3月下旬脱退[27])なども活動に参加していた。

出典 編集

  1. ^ 民族の意志同盟”. 2022年5月23日閲覧。
  2. ^ 森垣秀介とは
  3. ^ 超国家主義『民族の意志』同盟”. 2022年5月23日閲覧。
  4. ^ 国連の欺瞞と世界秩序”. 2022年5月23日閲覧。
  5. ^ 白人帝国主義打倒”. 2022年5月23日閲覧。
  6. ^ 西洋・近代・キリスト教文明打倒”. 2022年5月23日閲覧。
  7. ^ 第四の維新”. 2022年5月23日閲覧。
  8. ^ 新文明闘争”. 2022年5月23日閲覧。
  9. ^ 21ヶ条綱領”. 2022年5月23日閲覧。
  10. ^ 超国家主義運動の政策指針”. 2022年5月23日閲覧。
  11. ^ a b 【警察沙汰】右翼の街宣車に乗り込んで抗議活動に密着取材! - YouTube
  12. ^ 機関紙3号”. 2022年5月24日閲覧。
  13. ^ https://seiichk.wixsite.com/totugeki/blank-15
  14. ^ a b c d 【右翼委員長の素顔】事務所にお邪魔して詳しく話を聞いてみた - YouTube
  15. ^ 密着24時!日本のネオナチ - A Japanese Neo-Nazi - YouTube
  16. ^ [1]
  17. ^ 機関紙20号”. 2022年5月24日閲覧。
  18. ^ 機関紙24号”. 2022年5月24日閲覧。
  19. ^ 機関紙27号”. 2022年5月24日閲覧。
  20. ^ “芸術祭会場で警官に「ガソリンだ」 液体かけた容疑の男逮捕 愛知県警”. 産経新聞. (2019年8月7日) 
  21. ^ Interview With Japanese Ultra Nationalists / ASIAN BOSS - YouTube
  22. ^ 千葉麗子は”保守”ではない?「国を愛する一人の日本人」としてどうしても見逃せなかった5つのニュース
  23. ^ 機関紙14号”. 2022年5月22日閲覧。
  24. ^ https://seesaawiki.jp/ishin/d/%B0%DD%BF%B7%B3%D7%CC%BF%BC%E7%B5%C1%B9%F1%CC%B1%C0%EF%C0%FE
  25. ^ https://nfp2653.exblog.jp/
  26. ^ https://ameblo.jp/abenteuerliche-herz/entry-12105792103.html
  27. ^ 『生き天国地獄』筑摩書房、2007年12月10日。ISBN 978-4-480-42397-9 

関連項目 編集

外部リンク 編集