メインメニューを開く

超次元タイムボンバー』(ちょうじげんタイムボンバー)は、1996年10月17日から1997年9月11日までテレビ朝日で放送されたクイズゲームを兼ねたバラエティ番組である。

超次元タイムボンバー
ジャンル バラエティ番組
演出 武居康仁
出演者 上岡龍太郎
萩野志保子
ほか
オープニング B'z傷心
エンディング エンディングを参照
プロデューサー 澤將晃
見山欣也
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年10月17日 - 1997年9月11日
放送時間 木曜 19:00 - 20:00
放送分 60分

目次

番組概要編集

基本放送時間は毎週木曜 19:00 - 20:00 (JST) 。

テレビ朝日の木曜19時台が1時間のレギュラー番組になるのは、開局以来この番組が初めてとなった。

司会者は上岡龍太郎とテレビ朝日アナウンサー萩野志保子。毎回、数人のゲスト(1度だけ夏休み視聴者家族大会もあった)が4チームに分かれて各種クイズやゲームに挑戦。登場する数々のアトラクションが毎回白熱し、脳がウニになるほど凄いと称された。なお、ゲーム素材などはナムコ(後のバンダイナムコゲームス→バンダイナムコエンターテインメントおよびバンダイナムコアミューズメント)が技術協力していた。

ルール編集

  • A~Dの4チームの対抗戦。開始から中期前半までは2~3人で1チーム、中期後半以降は3~5人で1チーム。
  • 番組開始当初は全ゲーム終了時、獲得点数が最も多かったチームが優勝。
  • 当初は、全チーム80秒を持ち時間に最初に「ザ・フォール」を行っていた[1]後に、最終ゲーム前までに獲得した得点×1秒[2]を各チームの持ち時間とした上で最終ゲーム「ザ・フォール」を行い、最終的に落下しなかったチームが優勝というルールに変更。
    • 一時期、最初のゲーム(オープニングボンバー)で勝利したチームは、1回だけ使えるボンバーカプセル[3]というアイテムを獲得できた。
  • 優勝チームは、後述のファイナルボンバーに挑戦。
  • 97年の春のスペシャルは、「ザ・フォール」以外の全ゲームがクリア制になり、ゲームにクリアすれば10点加算され[4]、最終ゲーム「ザ・フォール」で勝敗を競った。このスペシャルからファイナルボンバーが、優勝チームのみ挑戦するゲームから「ザ・フォール」に変更された。
  • 1997年4月以降も、「ザ・フォール」以外の全ゲームがクリア制になり、ゲームにクリアすれば最終ゲームで使えるパス権を1回分獲得[5]。最終ゲーム「ザ・フォール」もババヌキボンバーのみ出題されるルールに変更され、最終的に落下しなかったチームが優勝となる。[6]
  • このゲームは当番組終了でゲームオーバーとなり、「超次元タイムボンバー GAMEOVER」と表示して終了する。

出演者編集

番組で登場した主なゲーム編集

ザ・フォール編集

各チームの代表2人が、それぞれ遊園地にあるフリーフォールのようなつくりのゴンドラに乗り込み、全て口頭でクイズを行う。番組では最上部は高さ7.5mで、制作費は1億かかったと言われている。

前期ルールでは、持ち時間が多いほどゴンドラの位置が低くなるように設定されており、問題読み上げが終わった時点からクイズに正解するまでの間、持ち時間を使うとともにゴンドラが上昇し続ける。持ち時間を使いきった時点で最上部まで達するようになっていて、そのチームは「BOMBER」(詳細は後述)で失格となり落下してしまう[7]。なお、落下する時にはスタジオ内の照明が少しの間落とされ、同時に失格になった1組にスポットライトが当てられ、落下後に照明が戻される。クイズは数種類出題され、全チームがクリアした場合や失格チームが出た場合に変更されることがある。解答順は、それぞれのクイズの開始時点で下にいる(残り時間の多い)チームから順番となる。

後期ルールでは、最初からゴンドラが頂上まで上昇し切った状態でババヌキボンバーを行い、ババを引いた時点で失格となり落下する仕組みである。

  • BIG&SMALLボンバー - チーム2人で交互に条件に沿って4個の単語を答える。頭文字がお題として指定され、徐々に大きいものや小さいものを答える。例えば、『「か」で始まるもので徐々に大きくする』と指定された場合は、「蚊→乾電池→カバ→火星」といったように交互に繋げられればクリアとなる。
  • ダンダンボンバー - 基本的に「BIG&SMALLボンバー」と同じ。但し、条件が物の大小だけでなく値段等、様々な条件に拡張されている。
  • メビウスボンバー - 8人全員でしりとりを3周行う。ゴンドラは自分のチームの番になって(1人目に回答順が回る)から、次のチームの番になる(2人目が答え終わる)まで上昇し続ける。1チームが落下した時点で終了となる。また、一周毎に答える言葉の文字数が指定されており、1周目は2文字、2周目は3文字、3周目は4文字となっている。後期にはあるテーマに関係した言葉のみのしりとりになった。
  • バビブベボンバー - ある言葉に対して、カタカナ表記した際のそれぞれの文字の後ろに、バ行の同じ段の文字を加えたもの(ただし、元々バ行の文字と、「ん」には付かない)がアナウンスされるので、その元の言葉を当てる。問題文では、小文字は大文字として発音される。例として、「ウィキペディア」は「ウ」となる(太字が追加された文字)。なお、解答は正確に発音することが求められており、意地悪問題として「東京特許許可局」のような早口言葉が問題になる場合もある[8]。チームのどちらか1人が正解できれば次のチームに問題が回る。
  • リバースボンバー - ある言葉が逆から読み上げられるので、その元の言葉を答える。「小文字は大文字化して発音する」ルールや解答権のルールは「バビブベボンバー」と同様。例として、「ウィキペディア」は「アイデペキイウ」となる。
  • フィーリングボンバー - 最初期のみ出題されていた。指定されたお題に当てはまる言葉を「せーの」で2人同時に叫び、連想した言葉が二人とも合致すればゴンドラが止まる[9]
  • ババヌキボンバー - 後期(1997年4月)から登場したゲーム。あるテーマに関する事柄9項目の中から、テーマに当てはまらない1項目やランキングの1位(ババ)を避けて1項目ずつ選んでいき、ババを引いてしまうと「BOMBER」で落下そして失格となる。数問出題され、最終的に落下しなかったチームの勝利となる。答える時にパス権を行使すると、答える事無く、次のチームに順番を回す事が出来る。なお、ババだけが最後に残った場合はその問題は終了となり、次の問題が出題される[10]。このゲームの回答が、番組のエンディングでお浚いとして表示されていた。

フライングハイ編集

2人1組でグライダーを模した機械に乗り込み、スクリーン上に表示されるグライダーを操作して風船を割っていくゲーム。ナムコ(→バンダイナムコゲームス→バンダイナムコエンターテインメント)のゲーム「プロップサイクル」を番組用にアレンジしたもので、前部のプレイヤーがハンドルの操縦を、後部のプレイヤーがペダルをこぐ役を担当する。なお後部のプレイヤーは、ボンバーグローブと呼ばれる手袋を着用する[11][12]。ハンドル操縦を誤って壁などに接触した場合は、後部のプレイヤーがボンバーグローブから電気ショックを食らう。お笑い芸人(出川哲朗など)や電気ショックを怖がるタレント(矢部美穂など)は必ず後部に座らされる事があり、特に出川はボンバーグローブの電圧を上げられていた。

クリア制以前では、制限時間内で風船を割る度にクイズが出題され、1問正解ごとに3ポイント(後に5ポイントに変更)を獲得。問題は、画面上に現れたキャラクター(五人家族の設定)が出題。キャラクターに応じて、出題される問題のジャンルが異なる[13]。なお、問題の解答途中に風船を割ってしまうと問題がキャンセルされてしまう。風船の中には割ると即失格になる上、得点を没収されるドクロ風船[14]や制限時間が10秒増える光る風船、さらに羽が付いていて移動する風船もあった。クリア制になってからはクイズは出題されず、制限時間内に10個の風船を割ったらクリアとなる。更にコースの内容が変わり、中に何があるか分からない[15]洞窟も登場するようになった。また、97年春のスペシャルは夜間飛行バージョンだった。なお後のバージョンアップにより、本家プロップサイクルでもドクロ風船が登場するモードが追加されている。

アルペンレーサー編集

スキーに乗って、制限時間80秒以内にゴールを目指す。プロップサイクルと同じく、ナムコのゲーム「アルペンレーサー2」を番組用にアレンジしており、途中2箇所にあるゲートを通過すると正解が複数あるクイズを出題[16]。3つ答えを言えたら正解で残り時間が5秒増加する。壁に接触すると炭酸ガスが噴射される。スキーヤーは男性ではタウンビルの男性キャラクター、女性はベ-シックのみの女性キャラクターになるが、場合ではランダムで熊になる事もある。

  • 1997年4月10日放送分のスペシャルで初登場。後の通常放送では「フライングハイ」とどちらか1つを選択して挑戦するようになった。

アクアジェット編集

これもナムコのゲーム「アクアジェット」の番組アレンジ版。2人1組で水上バイクに乗ってコースを進みながら、様々な世代100人[17]からのアンケートを元にした[18]○×クイズに答える[19]。なお後部のプレイヤーは、ボンバークラゲと呼ばれる装置を体に巻きつけられる。フライングハイと同様に、コースの端や障害物に接触すると後部のプレイヤーがボンバークラゲから電気ショックを食らう。○×クイズの正解数に応じた得点に、コース終盤に置かれた3つのジャンプ台で何回ジャンプしたかによって決められる倍率[20]を掛けた分を得点として獲得[21]

ローリングブロック編集

テトリスの要領で、14ピースのペントミノ(テトリスのピース)に分割された芸能人の写真を組み立てる。当初は1人がレバーでペントミノの移動[22]を、もう1人がローリングシートに座り、ペントミノの回転を担当[23]。ペントミノがボーダーラインまで積み上がった時点で、その写真の有名人を当てることが出来れば落としたブロックと同じ数のポイントを獲得(クリア)。不正解だった場合は罰として、一定時間ローリングシートが高速回転する。ルールとして、顔を完成させると100万円獲得できる[24]と言うものがあったが、獲得者は現れなかった。クリア制に変わってからはローリングシートが廃止され、回転はボール横にそれぞれ左回転、右回転のボタンが着いた。左回転と左移動を1人が担当し、もう1人が右回転・右移動を担当した。後に、回転・移動を全て1人が操作に変更。

アクションタイマー編集

最初に課題となるVTRを見てから、次はVTRを見ずに代表者1名がその動きを再現。VTRと同じタイミングの誤差2秒以内で終了させる事が出来ればクリアとなる。誤差2秒以内で終了させられなかった場合は、クリア失敗となり炭酸ガスが噴射される。他のチームメイトは代表者に合図などを出してはいけない。合図を出すなど不正をしてクリアした場合は当然失格となり、クリアは無効となる。

アクションザウルス編集

1名が恐竜の頭部を模したセットの口の中に入り、口が徐々に閉まっていく状況でジェスチャーを行い、もう1名に正解させる。1問正解につき2ポイントが加算される。7問正解でクリアとなりボーナス込みの20ポイントを獲得[25]。制限時間1分の間に7問正解できないと、口が閉まり切って炭酸ガスが噴射されてしまう。最初は通常のゲームとして登場。一時休止後、ファイナルボンバーのゲームとして復活した。

ヨコヅナファイター編集

2チームによる対抗形式のゲーム。早押しのイントロクイズだが、ボタンを押す代わりに目の前のボールを回転させて、CG上の押し相撲で相手に勝つと解答権を得る事が出来る。相撲に負けるとセットの大きな手が敗者の頭をたたく罰ゲームがある。

スリーボールクラッシュ編集

2人が交互に上半身サイズの3個のボールを押して、2種類のゲームをこなす。前半は30秒の制限時間で計算問題や単語の並べ替え[26]といった知能クイズを行い、後半は落下する人形にボールをぶつけて跳ね上げるゲームを行う。これは、ナムコのゲーム『技脳体』を番組用にアレンジさせたもので、そのゲームでも同様の種目に挑戦できる。前半の「語学力(回によって計算能力)」と後半の「連続反射能力」で獲得した点数を掛け合わせたのが得点となる[27]が、前半で誤答の場合は炭酸ガスが噴射され、たとえ残り時間がある場合でも強制終了となる。また、前半の1問目でいきなり誤答の場合や後半でいきなり失敗した場合は0ポイントになってしまう。クリア制になってからはチーム全員での参加となり、規定の30ポイントを上回ればクリアとなるルールに変更された。なお他のチームは、前半は出た文字を左から読み、後半は「今!」といって人形を落とさせるなどの妨害をよくしていた。

  • このほか、スペシャルのみで放送されたゲーム(「アルマジロレーシング」等)もある。

オープニングボンバー編集

  • 各チーム、気まぐれに開閉する(自チームの)ポリバケツの中にボールを入れて、最終的に入ったボールの数が一番多かったチームがボンバーカプセル獲得。千秋は大量にボールをつかめる専用手袋(「ちあき」と書かれていた)を使っていた。後にイントロクイズや写真を見て名前を答える問題が出題され、最初に10個のボールを入れたチームが解答権を得られるゲームに変わった。
  • その後、ヨコヅナファイターを経て、日本各地の珍しいものが何かを当てる3択クイズに変更。選択肢の3番は必ず「どっちも(1、2の両方がある)」であった。最初は、問題数固定で、正解数の最も多かったチームがパス権1回獲得だったが、後に5問先取したチームがパス権1回獲得にルール変更。

ファイナルボンバー編集

番組初期と中期では、優勝チームが「夢の時空旅行」をかけたゲームに挑戦する。

  • 初期と中期前半は「超次元立体パズル」を完成させればクリア。1人がパズルを担当、もう1人が人質となり、「ボンバーシート」に座る。
    • 「ザ・フォール」が第1ゲームの頃は、1点を1秒にして、獲得した得点を秒数にした時間以内に完成させる。
    • 「ザ・フォール」が最終ゲームの頃は、60秒以内に完成させる。
  • 中期後半から、レギュラー(全チーム参加)で廃止された「アクションザウルス」が復活。解答者がボンバーシートに座り解答した。
  • 成功すると夢の時空旅行獲得。ただし、内容は明らかにされていない。
  • 失敗するとボンバーシートに座った人が、セットの外に飛ばされ、強制退場となる。
    • まず手前の一枚戸が超高速で開き、次に奥の二枚戸が低速で開く。その奥に、ドライアイスを熱湯で反応させたと思われる、霧が噴出している。
    • 同時進行で上岡が「さようなら、(ボンバーシートに座った人)さん!時空の彼方に消えます!」と言う。その後に、ボンバーシートに座った人が、「時空の彼方に消え去る」という設定の下、ボンバーシートと共に、セットの外に高速で飛ばされ、強制退場となる。
    • テレビでは稀に奥のドアが閉まる様子が放映されることもある。
  • クリア制では「ザ・フォール」がファイナルボンバーとなり、優勝者のみが挑戦するコーナーは廃止となった。それ以降の優勝者への商品の有無は特に番組中では語られていない(視聴者家族大会では優勝チームに100万円が送られた)。

ゲームの流れ編集

放送初期

ザ・フォール→フライングハイ→アクションザウルス→スリーボールクラッシュ→ファイナルボンバー

放送中期

(オープニングボンバー→)アクアジェット→ローリングブロック→フライングハイ→スリーボールクラッシュ→ザ・フォール→ファイナルボンバー

放送後期(クリア制)

オープニングボンバーまたはヨコヅナファイター→フライングハイまたはアルペンレーサー→ローリングブロックまたはアクションタイマー→スリーボールクラッシュ→ザ・フォール

  • オープニングボンバー、ファイナルボンバーはコーナー名は紹介されない。
  • ゲームをクリアできなかった場合は「BOMBER」と表示される。
  • 放送後期は内容が週によって異なる。

エピソード編集

ザ・フォール編集

  • 「BIG&SMALLボンバー」で「『ぎ』で始まるものでだんだん大きくする』と言う問題が出題された際、3番目で「銀河」と言ってしまい、それよりも大きいものが言えずに失格となり落下してしまったチームがあった。
  • 「ザ・フォール」で優勝したチームがどのようにしてフリーフォールから降りたのかは不明だが、最終回では、優勝したチームのフリーフォールも落下させた。

番組テーマ曲編集

オープニングテーマ
エンディングテーマ

※各エンディングは、前者の2曲は得点制の頃(1996年10月 - 1997年3月)、後者の2曲はクリア制の頃(1997年4月 - 9月)のものである。ちなみにエンディングの最後では処理された男性の声で「GAME OVER」[28]と言っていた。

備考編集

スタッフ編集

ネット局編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 最初に落下したチームから、0点→5点→10点→20点と加算される。
  2. ^ 最高は80秒で、たとえ81秒以上ある場合も80秒となっていた。
  3. ^ このアイテムを使ったゲームのみ、倍の点数を獲得できる。なお、使用時にはテロップで『BOMBER CHANCE』と表示されるが、使用するというサインはチーム席の目の前で機械が回転する事でしか分からない。これに対して、久本雅美からは「また、ものすごく地味な機械ですね!」と言われたこともある。
  4. ^ 前述のボンバーカプセルを使用してクリアすれば20点加算された。
  5. ^ 4ゲーム全て正解すれば4回分のパス権を獲得できた。
  6. ^ 『最終的に落下しなければ優勝』というルールの為か、1ゲームもクリアできなかったチームが運良く最後まで残って優勝したケースも少なくはなかった。
  7. ^ 仮に持ち時間が無くなった場合でも、失格までには若干の猶予がある。その為、それまでに正解する事ができれば持ち時間「00」の状態で留まることもできる。
  8. ^ 回によっては更なる意地悪として、早口言葉をひねった問題も出題された事がある。
  9. ^ ただし、5問出題しても合致しなかった場合は自動的に止まる。
  10. ^ ただし当初は、ババだけが最後に残った状態で順番が回ってきた場合は強制的にババを引いて落下しなければならなかった(ただし、パス権がある場合は使用しても良い)。このルールに従わなかった場合は、上岡曰く「2回落ちる」との事。
  11. ^ クリア制になってからはボンバーグローブではなく、ボンバークラゲ(アクアジェットで使用されたものを再使用)を背負っていた。
  12. ^ 基本的に後部のプレイヤーがボンバーグローブを着用するが、過去には出川哲朗のような前部のプレイヤーがボンバーグローブを着用したこともあった。
  13. ^ お父さんからは一般教養問題、お母さんからは噂話にまつわる問題や解答者に関係する問題、娘からは最新流行に関する問題、息子からはなぞなぞや子供向けの問題、おじいちゃんからは引っ掛けなどの意地悪な問題が出題される。
  14. ^ ドクロ風船を割ってしまった時は炭酸ガスが噴射した上、後部のプレイヤーが電気ショックを受ける。なお、ドクロ風船は一定の距離まで近づくと突如としてプレイヤーにドクロの面を見せるため、そこから上手に回避できるかがポイントであった。
  15. ^ 風船が一杯あるものの全てドクロ風船だった、制限時間を増やす風船1個しかなかったなど。
  16. ^ クイズは、画面上に登場したキャラクターが出題する。
  17. ^ 例えば、小学生100人・おじいちゃん100人・女子高生100人など。
  18. ^ なお、スタート前に世代を選ぶルーレットがあり、そのルーレットによってどの世代100人からの問題かが決まる。
  19. ^ クイズは、実況中継しているDJが出題する。
  20. ^ 1回ジャンプすると2倍となり、最高で4倍となる。
  21. ^ ただしクイズに1問も正解していない場合は、終盤のジャンプ台で何回ジャンプしても点数は入らない。
  22. ^ 最初は巨大レバーで左右の移動を行っていたが、後に2つのボタン、さらにボール状のボタンに変わった。
  23. ^ 自身が左右に回転する事によって、ペントミノも連動して回転する。
  24. ^ 100万円獲得はクリア制になってからのルールで、それ以前までは顔を完成させるとボーナスとして20ポイント獲得と言うルールだった。
  25. ^ ただし、声を出した場合は減点になる。
  26. ^ ただし、使わない文字があっても良い。
  27. ^ 例えば、前半で5問正解し、後半で4回人形を跳ね上げた場合は20点加算される。
  28. ^ 画面上では「超次元タイムボンバー GAME OVER」と表示されていた。
  29. ^ 『富山新聞』1996年11月6日付朝刊、テレビ欄。

前後番組編集

テレビ朝日系列 木曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
必撮ビデオ!!あんたが主役
(1996年4月 - 1996年9月)
超次元タイムボンバー
(1996年10月 - 1997年9月)
※19:00 - 20:00
グルメな冒険 お願い!リストランテ
(1997年10月 - 1998年9月)
※19:00 - 20:00
テレビ朝日系列 木曜19時台後半
怪盗セイント・テール
(1995年10月 - 1996年9月)
【本番組までアニメ枠】
【本番組までABC制作枠】
超次元タイムボンバー
(1996年10月 - 1997年9月)
※19:00 - 20:00
【本番組からテレビ朝日制作枠】
グルメな冒険 お願い!リストランテ
(1997年10月 - 1998年9月)
※19:00 - 20:00