この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 超絶主義
  • 超越主義

超絶主義(ちょうぜつしゅぎ / : Transcendentalism)は、1820年代後半から1830年代にかけてアメリカ東部で発展した哲学運動である[1][2][3]超越主義(ちょうえつしゅぎ)とも言う[4]。英語ではトランセダリズム(Transcendentalism)と言い、「乗り越える」を意味するトランセンド(transcend)という語に由来する[5]

概要編集

1830年代半ば頃から1860年頃にかけアメリカ合衆国ニューイングランド地方ユニテリアン派の中よりラルフ・ワルド・エマーソンヘンリー・デイヴィッド・ソローらによってロマン主義運動・思想(理想主義運動)が行われた[4][5]。これは、1836年9月8日、ボストンに「超絶クラブ」が設立されたことが発端とされる[5]。同年の評論「Nature」において、アメリカラルフ・ワルド・エマーソンは、この超絶主義を世に打ち出した。

超絶主義は、客観的な経験論よりも、主観的な直観を強調する。その中核は、人間に内在すると自然への信頼である[1]。一方、社会とその制度が個人の純粋さを破壊しており、人々は本当に「自立英語版」して、独立独歩の時に最高の状態にある、とする。

超絶主義運動に関係する人物編集

脚注編集

  1. ^ a b Goodman, Russell (2015). “Transcendentalism”. Stanford Encyclopedia of Philosophy. http://plato.stanford.edu/entries/transcendentalism/.  "Transcendentalism is an American literary, political, and philosophical movement of the early nineteenth century, centered around Ralph Waldo Emerson."
  2. ^ Wayne, Tiffany K., ed (2006). Encyclopedia of Transcendentalism. Facts On File's Literary Movements. ISBN 9781438109169. https://books.google.com/?id=hckauAdkix0C&printsec=frontcover&dq=Encyclopedia+of+Transcendentalism#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ “Transcendentalism”. Transcendentalism. (2016). http://www.merriam-webster.com/dictionary/transcendentalism. "a philosophy which says that thought and spiritual things are more real than ordinary human experience and material things"
  4. ^ a b 超絶主義』 - コトバンク超越主義』 - コトバンクトランセダリズム』 - コトバンク
  5. ^ a b c アメリカ超絶主義・ロマン主義文学 コレクション│甲南女子学園 オフィシャルサイト”. gakuen.konan-wu.ac.jp. 2020年9月22日閲覧。
  6. ^ Gura, Philip F. American Transcendentalism: A History. New York: Hill and Wang, 2007: 7–8. 0-8090-3477-8