メインメニューを開く

越中公方(えっちゅうくぼう)とは、1493年明応の政変に遭った室町幕府10代将軍足利義材越中国射水郡放生津(現富山県射水市)で樹立した政権。当時は越中御所の呼称も用いられた。現在は放生津政権放生津幕府越中幕府と呼ばれることもある。

沿革編集

明応の政変に遭い幽閉された義材は京を脱出した後、越中守護代神保長誠の放生津城(射水市中新湊)に入り、次いで正光寺を改装した御所に入った。御所となった正光寺は、放生津城に隣接する石丸(高岡市石丸)にあった光正寺(現在は射水市本町へ移転)を指すと考えられている。

義材は奉行人を指揮して御判御教書御内書・奉行人奉書を発給した。

明応8年(1499年)9月、義尹(義材より改名)が越前に動座したことにより、越中での活動を終えた。以降、義尹は越前公方と呼ばれる。

構成編集

政権を構成した人々は、

などであった。ただ、京都の細川政元政権との親疎関係から、京都へ帰参したり、越中へ下向したりするなど、人員には出入がある。

放生津周辺に集中していた幕府直臣団料所・石清水八幡宮料所などの独自の経済基盤が、義材の京都復帰運動を支えたとみられている。神保氏も同時期に越中国内の寺社領公家領、諸大名・幕府直臣領の押領を進めた。

遺産・伝承編集

足利義材放生津に滞在したことを背景に、宗祇ら連歌師などが来遊した。京都の公家衆から歌書も送付されている。「絹本著色法華経曼荼羅図」(本法寺所蔵、国の重要文化財)「青磁浮牡丹文香炉」(芦峅寺一山会所蔵、富山県指定文化財)などが義材の滞在に合わせてもたらされ、伝世している。雄山神社前立社壇本殿(国の重要文化財、室町時代中期)も義材の修築と伝える。魚津市小川寺地区には義材が2ヶ月滞在したと伝えられ、義材が持参した木造天神坐像を安置する天神山がある。

参考文献編集

  • 富田正弘、「越中公方」、北日本新聞社編 『富山県大百科事典』上巻。 
    越中幕府の呼称は本書が初見である。

関連項目編集