メインメニューを開く

越後騒動(えちごそうどう)は、江戸時代前期に越後国高田藩で起こったお家騒動。藩政を執っていた首席家老小栗正矩(小栗美作)と、これに敵対するお為方を称する一族重臣とが争い、将軍徳川綱吉の裁定で両派に厳しい処分が下され、高田藩は改易となった。


目次

越後松平家編集

 
越後高田城三重櫓(新潟県上越市)

徳川家康の次男結城秀康越前国北ノ庄(福井藩)67万石を領したが、元和9年(1623年)、2代藩主松平忠直は乱行を理由に改易となった。寛永元年(1624年)、越前には越後高田を領していた忠直の弟忠昌が入り、忠直の子仙千代(光長)は越後高田26万石を新たに与えられた。

光長は家康の曾孫にあたり、さらに母は2代将軍秀忠の娘勝姫であり、御三家に准じる越後中将家として重んじられた。高田藩は開墾を盛んに行い、内高は36万石余となっていた。


小栗美作の執政編集

光長入封から41年目の寛文5年12月(1666年2月)、高田地震により大きな被害を受け、藩政を執っていた家老小栗五郎左衛門荻田隼人が倒壊家屋により共に圧死した。小栗五郎左衛門の跡は息子小栗正矩(小栗美作)が(小栗家は知行1万7,000石の首席家老の家柄)父親の高田城代を継ぎ、荻田隼人の跡は息子荻田本繁(荻田主馬)が1万5,000石で同じく清崎城代を継いだ。

美作は藩政を主導するようになると、幕府から5万両を借り受けて高田の町の復興にあて、高田の区画整理を断行して現在の上越市の市街を形成した。この機に藩士の禄を地方知行制から蔵米制に改めた。また、直江津の築港、関川の浚渫、新田の開墾、特産品(たばこ)の振興、の発掘などに手腕を振るい、江戸の殖産家河村瑞賢を招き中江用水等の用水路の開削を行った。美作は藩政に大いに治績を上げたが、蔵米制への移行は多くの藩士にとっては減収となったことで小栗が怨まれた。また美作自身の贅沢好きで傲慢な性格からも悪い感情を持たれ、さらに藩主光長の異母妹お勘を妻にしたことも、のちに騒動の原因のひとつとなった。


お家騒動編集

延宝2年(1674年)、光長の嫡子綱賢が男子なく死去した。光長は既に60歳で他に男子はなく、急ぎ世継を定めねばならなくなった。世継の候補は光長の異母弟永見長良(永見大蔵)、光長の甥永見万徳丸(光長の異母弟永見長頼の子)、そして同じく光長の甥にあたる小栗美作の次男長治(大六)(正治、掃部)、松平義行(尾張徳川光友の次男)などであった。藩内での評議の結果、永見大蔵は既に40歳を越える高齢であるとして、15歳の万徳丸を世継とすることで決まった。万徳丸は元服して将軍家綱から偏諱をもらい松平綱国と名乗り、三河守に任官した。

綱国が世継と決まったが、家中では小栗美作が自身の子である大六を世継にしようと企んでいるとの疑惑の声が流れた。この頃、高田藩の財政は江戸住まいの光長の奢侈贅沢や美作の諸事業の費用のため悪化していた。小栗は藩財政の建て直しのために新税を課したが、そのために小栗の評判はさらに悪くなった。これらの声を集める形で、糸魚川城代荻田本繁岡島壱岐などの重臣は永見大蔵を立て、890名におよぶ藩士と共に自らを「お為方」と称し、小栗美作の一派を「逆意方」と呼んだ。

延宝7年(1679年)正月、荻田本繁、永見大蔵らお為方は光長に目通りして同志890人の誓紙を差し出し、小栗の悪政を糾弾して、小栗の隠居を要求した。光長は小栗の隠居を命じる。小栗はやむなく隠居を願い出たが、家中に小栗が城下から逐電しようとしているとの噂が広まり、お為方が小栗の屋敷に押し掛ける騒ぎとなった。光長が小栗を擁護したため、お為方はこの時は一旦引き取った。


幕府評定所の裁定編集

小栗は隠居し、大六に家督を譲るが、それでも対立と騒動は収まらず、藩政を収拾できなくなった光長は幕府大老酒井忠清に裁定を訴え出た。これを受け酒井忠清ら幕閣は両派に和解を申し渡した。「寄り合い談合申す間敷」とし、話し合いによる解決を促した。

だがそれでも騒ぎは収まらず、同年4月には小栗が高田の町に火を放つ、との流言が広がった。光長は国許で藩士らの鎮撫につとめたため、一旦は騒ぎは収まるが、その光長が参勤交代で荻田本繁、岡島壱岐らと江戸へ行い留守となると、国許ではまた騒ぎが起きた。国許で騒ぎを起こしているのが永見大蔵と渡辺九十郎と知った光長は、両名に江戸へ来るよう命じる。動きを封じられると思った永見大蔵と渡辺は、今度は江戸で同志を糾合しようと図った。このことが幕閣に知られ、先に出した和解の命を無視された形となった酒井忠清ら幕閣は激怒した。

光長の従兄弟である姫路藩松平直矩が酒井忠清と事件の処分を相談し、同年10月に幕府評定所は、お為方の永見大蔵、荻田主馬、片山外記中根長左衛門、渡辺九十郎にそれぞれ、人心を惑わした罪で大名家へのお預けとする処分を下した。永見大蔵は長州藩、荻田主馬は子と共に松江藩にそれぞれ預けられた。

以上、幕閣の裁定でお為方は敗れ、一方の「逆意方」と呼ばれた小栗美作派に処分者は無く、延宝8年(1680年)2月に大六が将軍に拝謁して元服している。将軍親族である光長の筆頭家老家とはいえ、この将軍お目見え元服は極めて身分の高い扱いであった。お為方は小栗美作が大六を藩の後継者にしようとしていると、さらに大老に贈賄をしたに違いないと怒り、200人近くが脱藩する騒ぎとなった。


将軍綱吉の親裁(再審)編集

延宝8年(1680年)5月、将軍家綱が死去し、弟の綱吉が5代将軍に就任した。酒井忠清は大老を辞職した。

綱吉はかつて忠清が、家綱の危篤に際して自分ではなく皇族有栖川宮幸仁親王)を迎えて将軍に立てようと主張していたことを深く恨んでいたとされる。また、高田藩への先の裁定にも不満を持っていた。忠清が擁立しようとしていた有栖川宮の祖にあたる高松宮好仁親王の妃が光長の実の妹であったことも、綱吉の疑念を深めていた。さらに、光長が忠清を支持して皇族将軍を支持したことも恨みとなっていた。これを利用する形で、お為方は老中堀田正俊を頼って騒動の再審を願い出た。同じ頃、高田ではお為方の家老岡島壱岐と本多七左衛門が光長に暇乞いを願い出た。両名は将軍に御目見した家臣であり、その処遇には幕府の許可が必要であったため、光長は幕府にお伺いを出した。綱吉はこの機会を捉え、先の裁定の再審を許可した。

再審は同年12月に始まり、小栗美作、岡島壱岐、本多七左衛門、それに長州藩にお預けとなっていた永見大蔵ら5名に江戸出府が命じられた。小栗美作とお為方は江戸に召集され、お為方は小栗美作の悪政と専横(贅沢で人心を堕落させ、豪華な屋敷をつくったことなど)を陳情し、さらに子の大六(小栗掃部、小栗正治)を世継ぎにしようと企てたと主張した。詮議は続き、年を越して延宝9年(1681年)6月21日、小栗美作、永見大蔵、荻田主馬が江戸城に召喚され、将軍綱吉および幕閣の首脳陣や元老・旗本らが四方を取り囲む中で吟味が行われた。質疑の後、綱吉は翌22日に裁定を下した。江戸城での詮議終了時に綱吉は「これにて決案す。はやまかり立て」と大声を発し、場にいた者を震えあがらせたという[1]

判決は前回の裁定を覆すものとなり、逆意方の小栗美作とその子大六(小栗掃部、小栗正治)は切腹、正矩の弟の小栗重良(重蔵)・安藤治左衛門は伊豆大島に遠島(重良は宝永六年配所で死去)、重良の子供二人(兄市之助良純十三歳、弟重三郎良戡(4歳))は盛岡藩へお預け[2]、その他正矩の兄の本多不伯ら一族の子供らもすべて仙台藩熊本藩三春藩へお預け処分となった。

このように逆意方に極めて厳しい処分が下されたが、一方のお為方も藩政を混乱させたことに間違いはなく、いわゆる喧嘩両成敗との処置がなされた。永見大蔵、荻田本繁は八丈島[3]、岡島壱岐、本多七左衛門は三宅島にそれぞれ遠島、片山外記は豊後臼杵藩お預け、その他も大名家お預けとなった。永見長良(大蔵)は庶子の系譜とはいえ徳川家康の男系曽孫であるが、それでも遠島処分とされる厳しい判決である。

6月26日、藩主光長に対しても、家中取り締まり不行届きであるとして城地没収となり、先ず近江彦根藩井伊直興の江戸屋敷に預けられ蟄居、次いで伊予松山藩松平定直へお預けの正式の命が下り、伊予の伊予松山城内で蟄居処分となった。世継の綱国も備後国福山藩水野勝種へ預けられた。

加えて、先の裁定を行った幕府関係者も流罪などの処罰がされた。酒井忠清は同年5月に死去していたが、大目付の渡辺綱貞は同年6月27日改易となり、さらに八丈島へ島流しとされ、綱貞の三人の息子も他家へ預けられた。また、忠清の長男忠挙、三男忠寛、老中久世広之(延宝7年(1679年)死去)の三男重之逼塞を命じられた[4]

累はこの件の処理に奔走した越前松平家の一門にも及び、従兄弟に当たる播磨姫路藩主の松平直矩は15万石から8万石を削られ豊後国日田へ転封、またこれも従兄弟の出雲広瀬藩松平近栄は3万石から1万5000石へ削られた。


改易編集

延宝9年(1681年)、改易にあたり、老中大久保忠朝が総責任者とされ、同じく老中の稲葉正則堀田正俊の指示を受け、親族の伊予宇和島藩伊達宗利[5]が事後処理の窓口とされた。老中ら幕閣から伊達宗利を通し、城受け取りをつつがなく執り行う旨の書状の作成が井伊直興の屋敷に預けられていた光長の手により行われ、この書状が伊達家の使者により7月6日に高田の片山主水・山崎九郎兵衛らの家臣らに届けられた。また、伊達は幕閣より高田城および城下の絵図面がないか、という問い合わせを受けている。このように、城受け取りを円滑に進めるための下準備が速やかに行われた。

高田藩領および高田城の接収の諸役は、処分翌日の27日には早々に決定され、命が発せられた。城受け取りには越後村上藩主の榊原政倫越後長岡藩主の牧野忠辰越中富山藩前田正甫の三大名が選ばれた。城受け取りの榊原と牧野は当時、江戸に在府していたため、7月1日には江戸を立つ許可が下され、榊原は準備のために2日に出立し、11日には領国に入った。

また、上使として大和郡山藩主の松平直之甲斐谷村藩主で幕府奏者番秋元喬知が、城受け取り目付として幕府使番の中坊秀時大番蒔田定成、さらに勘定奉行高木守蔵大目付坂本重治が派遣された。これに騒動に関しての目付として既に高田にあった幕府使番津田正常中根正和も加わり、三大名の目付や事務作業に当たった。彼らは出立前から緊密に連絡を取り、動員する人数の確認や、各人員らの一斉出立により道中が混雑しないように出立の時期をずらしつつ、高田城郊外の地点に集結することなどを細かく打ち合わせた。6日には松平・秋元両上司から各大名に対し、スケジュールの書状が送られた。通常の大名の改易に際する城受け取りよりも厳重かつ大人数による受取となったが、これは石高の大きさや光長の徳川親藩としての格式を考慮した結果、物々しくなったと推測されている。

各役人は7月24日までに高田郊外に集結、事前に松平直之の下で打ち合わせを行い、7月26日に城を接収した。城および領地の管理は、8月10日に在番大名に命じられた信濃松本藩水野忠直と越後新発田藩溝口重雄に引き継がれ、役人各自は江戸へと帰還の途についた。ただし在国中の領国富山から出勤した前田正甫は、自領越中富山へと帰還した。支城の清崎城(糸魚川城)[6]も越後村松藩主の堀直利と目付の岩瀬氏勝により27日に接収されたが、翌7月28日には破却処分とされている。

高田城に備蓄された資産、米(1万5千両)や金銭や武具類など、「藩のもの」とされた物品は手つかずにする旨が幕府より申し付けられたが、光長のいわば個人資産とされた茶道具などの道具類は分類され、7月28日に勘定奉行らの手により吟味されている。これらはのちに親族である伊達宗利と出雲松江藩松平綱近の家臣の手により江戸に搬送された。

このように厳重な計画による改易であり、そもそも藩内分裂によるお家騒動であったために、藩士のリーダーシップを握る大物家臣らも騒動でほとんどが処分されており、また光長の書状があったこともあり、城受け取り時の大きな混乱や旧家臣らによる抵抗・反抗的な動きなどは全く伝わっていない。片山主水が幕府によって差し押さえられる予定の備蓄米を、離散する家臣らに全て配布してしまい、片山は幕府により追放処分とされた、という話が残るぐらいである。


事件後編集

光長は後に罪を許され、復位復官して合力米3万俵の俸禄が与えられた。世継の綱国とは不和となり、病弱を理由に廃嫡したが、小栗派旧臣らによる御家再興運動の結果、水戸徳川家徳川光圀の周旋によって越前松平家一門の松平直矩の子宣富を養子とした。

元禄10年(1697年)に光長は隠居したが、翌年に宣富に対して新しく美作津山藩10万石が与えられ、津山藩が立藩した。綱国の子孫は永見氏に苗字を戻し、津山藩家老家として仕えている。

以降、減封・加増・将軍家からの養子入りなどの浮沈がありつつも、津山藩主松平家として幕末まで存続した。


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 深井雅海『綱吉と吉宗』2012年、吉川弘文館
  2. ^ 享保5年に処分は解かれたが、そのまま盛岡藩に出仕した。
  3. ^ 二人は元禄14年(1701年)、八丈島の飢饉の際に餓死。
  4. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)61-62頁
  5. ^ 正室は松平光長の娘・大通院(稲姫)
  6. ^ 騒動に深く関与した荻田本繁の城

関連項目編集