メインメニューを開く

越智松平家(おちまつだいらけ)は、松平氏の一支系で、親藩御家門のひとつ。

越智松平家
家紋
本姓 称・清和源氏
家祖 松平清武
種別 武家
華族子爵
出身地 甲斐国
著名な人物 松平武元
交楽龍弾
凡例 / Category:日本の氏族

江戸幕府6代将軍徳川家宣の弟である松平清武を家祖とし、上野国館林藩、のち石見国浜田藩の藩主家として続いた。通字は「」(たけ)。

概要編集

清武は甲府藩徳川綱重甲府徳川家)の次男であるが、はじめ甲府藩士越智喜清(おち よしきよ/のぶきよ)の養子として育てられた。のちに松平の名乗りを許されて越智松平家が成立する。5代将軍徳川綱吉の晩年の1707年に館林藩主として取り立てられ、兄家宣が6代将軍となると5万4千石まで加増された。清武の子清方は父に先立って没したため、尾張徳川家連枝美濃高須松平家から養子武雅を入れた。武雅も水戸徳川家連枝府中松平家から武元を養子に入れ、越智松平家は以後は実質的に水戸家の血統(徳川頼房の男系子孫)によって占められることになった(その後に養子入りした武揚武成武聰の3代の当主も該当する)。

武元の家督相続後すぐに陸奥国棚倉藩に移されるが、間もなく館林に戻る。武元はまた、通常は譜代大名が就く幕府の役職にも親藩ながら就いており、最終的には老中首座を務めた。続く2代も奏者番寺社奉行といった幕府の役職に就いている。

1836年、5代武厚(斉厚)の時代に越智松平家は石見国浜田6万1千石に移され、ここで所領の固定をみる。しかし第二次長州征討のとき、長州藩兵に敗れて浜田を奪われ、居所を美作国鶴田に移した。廃藩置県後は華族に列し、子爵を授けられた。

系譜編集

太字は当主、実線は実子、点線(縦)は養子。
徳川綱重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平清武1家宣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武雅2[1]清方
 
 
 
武元3[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武寛4戸田氏教
 
 
 
武厚(斉厚)5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武揚6[3]斉良[4]
 
 
 
武成7[5]
 
 
 
武聰8[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武修9恒吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武親10吉修鈴子
 
 
 
吉修11
 
 
 
鈴子
 
松島正幸
 
 
 
 
武龍12
 
 
武剛13

脚注編集

  1. ^ 高須藩主・松平義行の四男。
  2. ^ 常陸府中藩主・松平頼明の次男。
  3. ^ 讃岐高松藩主・松平頼恕の次男。
  4. ^ 将軍・徳川家斉の二十男。斉良を養子に迎えた際に養父の武厚も家斉から「斉」の偏諱を受けて斉厚に改名している。
  5. ^ 高須藩主・松平義建の三男。
  6. ^ 水戸藩主・徳川斉昭の十男。