メインメニューを開く

越王勾践剣(えつおうこうせんけん)は、中国春秋時代後期のの王「勾践」が8本保有していた名剣である。1965年12月湖北省江陵県(現在の荊州市荊州区川店鎮[1])の望山1号墓より、そのうちの1本が出土した。1999年の中国国慶節後、湖北省博物館に収蔵された。[2]

越王勾践剣
Sword of Goujian, Hubei Provincial Museum, 2015-04-06 01-edit.jpg
材質 青銅
文字 「越王勾践 自作用剣」
製作 春秋時代後期
発見 1965年12月 湖北省江陵県望山1号墓
所蔵 湖北省博物館

1994年、文化交流展の一環としてシンガポールへ貸し出し中に、作業員が誤ってケースにぶつけ7㎜の亀裂が入ってしまった。それ以来、中国は剣を国外に持ち出すことを認めず、2013年には公式に国外展示禁止の中国文化遺産リスト英語版に登録した[3]

形状編集

剣の長さ柄8.4センチメートルを含めて55.7センチメートル、幅4.6センチメートル。重量875グラム。剣の両面に菱形の連続パターンが施され、ターコイズと青水晶とブラックダイヤモンドで象嵌されている。

柄頭は11同心円で構成され、剣のグリップには絹が巻かれている。

刻字編集

 
刻字の解説

剣には鳥蟲書中国語版という書体で「越王勾践 自作用剣」とあり、越王勾践自身が作成して用いた剣だと刻字されている。

表面処理編集

越王勾践剣は、2千年以上経過したにも関わらず腐食する様子も無く、今でも鋭さを保っている。 理由を知る為、1977年復旦大学中国科学院は近代的な手法蛍光X線で解析を行った。

元素量の割合編集

検査部分 硫黄 ヒ素
80.3 18.8 0.4 0.4 trace
模様黄 83.1 15.2 0.8 0.8 trace
模様黒 73.9 22.8 1.4 1.8 trace trace
最黒部 68.2 29.1 0.9 1.2 0.5 trace
57.3 29.6 8.7 3.4 0.9 trace
41.5 42.6 6.1 3.7 5.9 trace

剣本体は、柔軟で折れにくい銅で作られており、刃の鋭さを維持し硬くするため錫が多く含まれる。表面の模様には硫黄が多く含まれ変色を抑えていることが判明した。この結果から、化学組成が空気を遮断する鞘と同じ効果を発揮し状態のよい保存となった可能性が高いと考えられる。


その他編集

同墓からは、碑文が無く、60.6センチほど長いが似たような剣が発掘され、現在は中国国家博物館に収蔵されている。イギリス大英博物館に似たような剣が収蔵されてるが、そちらは腐食が進んでいる[4]。東京国立博物館の東洋館にも、1998年に購入した春秋戦国時代(紀元前6-5世紀頃)の同型同紋の剣が展示されている[5]

関連項目編集

同時代の刀匠および刀剣

干越(越族)の剣を持つものは、箱に入れて使うこともなく至宝とする。」というように、・越に住んでいた越族による刀剣は評価されていた。

参考文献編集