本来の表記は「趙栻」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

趙 栻(ちょう しょく、1111年 - 1128年)は、北宋徽宗の第17皇子(夭逝を除いて第14皇子)。

経歴編集

美人楊氏(後に修容嬪を授けられ、また賢妃を追贈された)の子として政和元年(1111年)6月に生まれた。同母姉に順淑帝姫がいる。同年9月、広国公の位を授けられた。政和3年(1113年)正月、太保の官職を授けられた。宣和7年(1125年)2月、南康郡王を再授された。靖康元年(1126年)4月、和王を加授された。

靖康の変後、に連行され、金の天会6年(南宋建炎2年、1128年)に、異母兄の趙㮙に殺害された。

家族編集

  • 婚約者:李舜英(1110年 - ?) - 金に連行され、完顔希尹の次婦となった。
  • 妻:劉氏 - 金で結婚した
  • 女子:趙氏 - 南宋で高宗に楽平県主を授けられ、杜安石と結婚した。
  • 女子:趙氏(1129年 - ?) - 遺腹児。劉氏の娘。金で王安と結婚した。

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋会要輯稿』