趙広(ちょうこう)

  • 中国三国時代の将軍。本項で解説する。
  • 中国劉宋代の反乱指導者。元嘉9年に反乱を起こして益州を占拠し蜀王を自称したが、宋の将軍の裴方明により鎮定された。
  • 中国北宋末の画家。馬を描くのに秀でたが、靖康の変軍に捕らえられ、腕を切断され画家生命を絶たれた。

趙 広(ちょう こう、? - 263年)は、中国三国時代の軍人。蜀漢に仕えた。父は趙雲。兄は趙統

父の死後、牙門将軍となって姜維に従った。263年、蜀がに攻められたとき、最前線で戦って殉死した。

小説『三国志演義』では、兄と共に父が死去したことを、諸葛亮に知らせる使者として登場するのみである。