趙 旅(ちょう りょ、1420年 - 1489年)は、李氏朝鮮の文臣。生六臣の一人。字は主翁、号は漁渓隠者。工曹典書趙悦の孫、司僕寺長趙安の息子。本貫咸安趙氏

趙旅
各種表記
ハングル 조려
漢字 趙旅
発音: チョ・リョ
日本語読み: ちょう りょ
テンプレートを表示

生涯編集

 
原州市雉岳山の三公題名庵

1420年に慶尚南道咸安郡で生まれた。1453年に成均館進士試験に合格し、名望が高かった。その後、成均館に入学し、学問研究をした。

1455年、世祖が甥の端宗を廃位して即位した。趙旅は、端宗に対する忠義を貫き、王位簒奪者に仕えずとして、官職を捨てて故郷咸安郡に隠居した[1]。 1456年に端宗が江原道寧越に流罪となると、折々に寧越を訪問して端宗の安否を気遣い、元昊の觀瀾亭に止宿して、元昊李秀亨らと国事を論じながら幼い端宗の安全を祈った。後に原州雉岳山朝鮮語版に登り、二度と官職に出ないことを固く誓って雉岳山頂上に元昊李秀亨と名を刻んだ。1457年、錦城大君李甫欽などが端宗復位を謀って失敗し、端宗は薬殺刑(賜薬)にされた。趙旅は弔問に行こうとし、寧越青嶺浦の前に至ったものの船がなく、慟哭した。この時虎が現われて彼を背に負って寧越東江を渡ったと言う[1]

その後、端宗王の魂を公州東鶴寺で弔った後、咸安郡に帰り、瑞山に隠居した。人々は彼がいる瑞山を伯叔山と呼んだ。端宗崩御後、3年間喪服を着て3年を過ごし、以後読書と釣りで歳月を過ごして、1489年に70歳で世を去った[1]。世祖は何回も官に召し出そうとしたが、趙旅は最後まで断って出なかった。

死後の顕彰編集

庶人に落とされた端宗が、1698年に王として復位されると、吏部参判の位を追贈された。1703年に慶尚道儒生郭抑齢などが上訴を行い、成三問朴彭年死六臣の例にならって、生六臣の趙旅なども祠堂を建てて祭享するように朝廷に建議し、1706年に寄居した伯夷山の下咸安郡に祠堂を建てて金時習李孟専元昊南孝温成聃壽とともに祀られた[1]。祠堂は後に西山書院と名付けられた。

1781年に吏部判書兼同知義禁府五衛都摠府副摠管に加贈された。諡号は貞節。著書に、子孫である趙栄祏朝鮮語版が整理した『漁渓集』がある[1]

著書編集

  • 《漁渓集》

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ a b c d e http://hamanchoysj.pe.kr/1/menu2.htm