趙 清裕(ちょう せいゆう、? - 1024年)は、北宋太宗の娘。

趙清裕
続柄 太宗第六皇女

全名 趙清裕
称号 申国大長公主(追贈:慈明大長帝姫)
道号:報慈正覚大師
身位 長公主→大長公主
死去 天聖2年(1024年
父親 太宗
テンプレートを表示

経歴編集

至道3年(997年)5月、兄の真宗により寿昌長公主に封ぜられた。大中祥符2年(1009年)正月、陳国長公主に進封された。同年11月21日に出家し、呉国長公主に改封され、報慈正覚大師の道号を贈られた。崇真資聖院の道観が建立された。同4年(1011年)7月に楚国長公主に改封され、邠国長公主に進み、天禧2年(1018年)8月に建国長公主に改封された。乾興元年(1022年)2月、甥の仁宗により申国大長公主に進封された。

天聖2年(1024年)5月、薨去した。「慈明」とされた。元符3年(1100年)3月、徽宗から衛国大長公主の位を再加贈された。政和4年(1114年)12月、慈明大長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』