趙 香雲(ちょう こううん、1116年[1] - 1127年4月15日)は、北宋徽宗の第26皇女(夭逝を除いて第15皇女)。

経歴編集

徳妃崔氏(後に淑妃、庶人となった)の四女として生まれた。政和6年(1116年)9月、仁福帝姫の位を授けられた。

靖康の変軍に拉致され、金の天会5年2月25日(1127年4月15日)、劉家寺の軍基地に死去した。3月24日、開封に帰葬された。は順穆。

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『皇第二十三女特封保福帝姫制』
  • 『宋会要輯稿』

脚注編集

  1. ^ 『皇第二十三女特封保福帝姫制』(政和6年(1116年)9月)によると、香雲はそのときに「初晬」(百日)