メインメニューを開く

足切り

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

足切り(あしきり)、脚切り

  • 節足動物などに見られる、)を自ら切り捨てる行動。自切を参照。
  • 古代中国にあった刑罰で足(脚)を切断するもの。漢字では(ひ)、(ひん)、(げつ)の3文字があったが意味は同じ。中国戦国時代の兵家孫臏孫ピン)は、この刑に処せられている。
  • 学校入学試験企業官公庁就職試験・会社説明会、スポーツの大会などで設けられる。参加希望者に対して事前に一定の基準を設定し参加者数を絞り込む行為。例としては以下の様なものがある。
    • 就職において偏差値がある一定未満の大学を採用選考に参加させない(例、大企業の採用で国公立大学・上位私立大学以外は面接に呼ばない)、特定の入学方法の学生を採用選考に参加させない(例、推薦やAO入学者を選考から落とす)。
    • 入学試験における二段階選抜
    • オリンピック世界陸上選手権などで設けられている参加標準記録
    • タクシー営業で、月間売り上げ、もしくは、一出番の売り上げの下限基準値のこと、業界用語で足切りと言う。