メインメニューを開く

足利 健亮(あしかが けんりょう、1936年12月21日 - 1999年8月6日)は、日本人文地理学者京都大学教授。

北海道勇払郡追分町(現安平町)の浄土真宗寺院に生まれる。北海道苫小牧東高等学校卒。1961年京都大学文学部卒。大学院に進み、1962年に京都大学助手。1966年追手門学院大学講師。1968年大阪府立大学助教授。1974年、京都大学教養部助教授。1985年、「日本古代地理研究」で京都大学文学博士[1]1986年、同大学同学部教授。1987年、英国ノッティンガム大学に出張。1992年、京都大学教養部が改組されて総合人間学部および大学院人間・環境学研究科が創設されるにともない、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。1999年、京都大学教授在職中に逝去。没後、従四位勲三等旭日中綬章叙勲。

1996年から人文地理学会会長を務めたが、2期目の任期の途中で1999年6月に退任した[2]

著書編集

  • 『中近世都市の歴史地理 町・筋・辻子をめぐって』 地人書房 1984
  • 『日本古代地理研究 畿内とその周辺における土地計画の復元と考察』 大明堂 1985
  • 『考証・日本古代の空間』 大明堂 1995
  • 『景観から歴史を読む 地図を解く楽しみ』 日本放送出版協会〈NHKライブラリー〉 1998 のちに文庫 『地図から読む歴史』 講談社学術文庫 2012
  • 『地理から見た信長・秀吉・家康の戦略』 創元社 2000

編著・共著編集

  • 『地誌概論 日本編』藤岡謙二郎,浮田典良共著 大明堂 1964
  • 『歴史の空間構造 歴史地理学序説』藤岡謙二郎,矢守一彦共著 大明堂 1976
  • 『街道 生きている近世2』小林博共編 浅野喜市写真 淡交社 1978
  • 『京都歴史アトラス』編 中央公論社 1994

追悼論集編集

  • 『地図と歴史空間 足利健亮先生追悼論文集』大明堂 2000

出典・脚注編集

  1. ^ 日本古代地理研究 : 畿内とその周辺における土地計画の復原と考察 足利健亮”. 国立国会図書館. 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ 役員一覧 歴代会長”. 人文地理学会. 2012年8月23日閲覧。

参考編集

  • 成田孝三「足利健亮会長の死を悼んで」『人文地理』第52巻第1号、2000年、 1-4頁。 NAID 130000994893pdf