メインメニューを開く

足利 満詮(あしかが みつあきら)は南北朝時代から室町時代にかけての武将室町幕府第2代将軍・足利義詮の4男。母は紀良子。同第3代将軍・足利義満の同母弟にあたる。父・義詮と兄・義満より1字ずつ賜って満詮と名乗る。

 
足利 満詮
Ashikaga Mitsuakira.jpg
足利満詮像(京都市大徳寺養徳院蔵)
時代 南北朝時代室町時代
生誕 正平19年/貞治3年5月29日1364年7月6日
死没 応永25年5月14日1418年6月29日
改名 乙若丸(幼名)→満詮→勝山道智(法名)
別名 小川殿(通称)
諡号 養徳院贈左府
官位 従三位参議。従二位権大納言。贈従一位左大臣
主君 足利義満→義持
氏族 足利氏
父母 父:足利義詮、母:紀良子
兄弟 千寿王義満柏庭清祖満詮廷用宗器宝鏡寺殿
正室:藤原誠子
実相院増詮三宝院義賢浄土寺持弁地蔵院持円安禅寺比丘尼
テンプレートを表示

生涯編集

幕閣にあって常に兄を陰から支えるような立場であり、天授4年/永和4年(1378年)に義満が東寺に出陣した際には数百の兵を率いて参陣している[1]

生母の紀良子とともに武者小路の小川第に住み、応永9年(1402年)に従三位参議、応永10年(1403年)12月には従二位権大納言と順調な出世を遂げるが、12月7日に小川第にて義満自らの手による剃髪をもって出家し、法名を勝山道智と称した[1]

応永23年(1416年)の上杉禅秀の乱の際は、ためらう甥の第4代将軍・義持に対し、早く鎌倉公方持氏を救援するよう進言している[註 1]

応永25年(1418年)5月14日に病没し、等持院にて荼毘に付された。享年55。贈従一位左大臣、謚号は養徳院贈左府とされた[2]

人物編集

満詮は義満の同母弟として諸大名の敬愛を受けたとされ[1]、その葬儀の際には「諸人これを惜しむこと父の如し」とまで言われたという[2]

満詮の室に藤原誠子があり、一子地蔵院持円(じえん、将軍・義持より「持」の字を賜う)を産んだが、義満はまだ満詮存命中の応永13年にこれを召し出して、同年一子義承を産ませている。生涯を通して破天荒な女性関係を持ち続けた義満と、常に兄に従順であった満詮との対照的な生き様を物語るエピソードである。

満詮の子女はいずれも僧籍に入ったため、子孫は残らなかったという[2]

官歴編集

※日付=旧暦

  • 1376年(天授2年/永和2年)1月8日、従五位下に叙す。
  • 1380年(天授6年/康暦2年)2月18日、左馬頭に任官。
  • 1387年元中4年/至徳4年)1月、従五位上に昇叙。左馬頭如元。
  • 1388年(元中5年/嘉慶2年)12月12日、従四位下に昇叙し、左兵衛督に転任。
  • 1402年(応永9年)1月6日、正四位下に昇叙。左兵衛督如元。3月28日、参議に補任。8月21日、従三位に昇叙。8月22日、参議を辞す。
  • 1403年(応永10年)6月14日、権中納言に転任。12月3日、従二位に昇叙し、権大納言に転任。12月7日、出家。

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 看聞日記』同年10月29日条によると「武衛(持氏)は御烏帽子々たり、いかでか見放し申されべけんや、且つまた敵方鎌倉すでに一統の上は、京都へ謀叛を企てること測りがたきものか、そのためにも扶持申せらるべきの条しかるべきかの由」と意見を述べたという。

出典編集

  1. ^ a b c 臼井信義 著『人物叢書‐足利義満』吉川弘文館、1989年、p.225
  2. ^ a b c 臼井信義 著『人物叢書‐足利義満』吉川弘文館、1989年、p.226

参考文献編集

書籍
史料