足立 梅市(あだち うめいち、1901年明治34年)2月9日[1]1988年昭和63年)2月2日[1][2])は、大正から昭和期の弁護士政治家衆議院議員

経歴編集

三重県[2]多気郡三瀬谷村[3]三瀬谷町を経て現大台町[1])出身。1932年(昭和7年)日本大学法文学部を卒業[1][2][3]。弁護士を開業し、東京弁護士会、三重弁護士会に所属した[2][3]

1947年(昭和22年)4月の第23回衆議院議員総選挙三重県第2区から日本社会党公認で出馬して初当選[1][2][3]。1949年(昭和24年)1月の第24回総選挙でも再選され[4]、衆議院議員に連続2期在任した[1][2][3]。この間、社会党三重県支部連合会初代会長などを務めた[1][5]。その後、社会党本部を批判し和田敏明らと共に社会党再建全国連絡会を結成、第25回から第27回総選挙まで3回連続で立候補したがいずれも落選した[6]

また、三重県日本中国友好協会名誉会長となった[1]

脚註編集

  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典』18頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』21頁。
  3. ^ a b c d e 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』183頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』229頁。
  5. ^ 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』190頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』230頁。

参考文献編集

  • 廣新二『日本政治史に残る三重県選出国会議員』廣新二、1985年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。