趾行(しこう、指行性[1])とは、を浮かせた爪先立ちの状態で直立し、歩行すること。これを行う生物を趾行動物: digitigrade)と呼ぶ。

狼の骨格

爪先立ちになることによって脚全体の長さを稼ぐことができ、特に高速での移動において有利となっている。なお、休息時には踵を地面につける。イヌ科ネコ科など多くの地上性哺乳類、すべての鳥類がこれに含まれる。

出典編集

  1. ^ 三省堂 大辞林 「指行性」から

関連項目編集