メインメニューを開く

路竹区(ルージュー/ろちく-く)は、台湾高雄市に位置する市轄区

中華民国 高雄市 路竹区
別称: 半路竹
竹滬華山殿.JPG
地理
Lujhu KH.svg
位置 北緯22°52'
東経120°15'
面積: 48.4348 km²
各種表記
繁体字: 路竹區
日本語読み: ろちく
漢語: Lùzhú
通用: Lùjhú
注音符号: ㄌㄨˋ ㄓㄨˊ
片仮名転写: ルーチュー
台湾語: Lō͘-tek
客家語: Lu-tsuk
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 高雄市
下位行政区画: 20里392鄰
政府所在地: -
路竹区長: 王耀弘
公式サイト: 路竹区公所
情報
総人口: 53,071 人(2015年1月)
世帯数: 16,699 戸(2015年1月)
郵便番号: 821
市外局番: 07
路竹区の木: -
路竹区の花: -
路竹区の鳥: -

地理編集

路竹区は高雄市北部に位置し、北は台南市仁徳区帰仁区と、東は阿蓮区と、西は永安区と、西北は湖内区と、南は岡山区とそれぞれ接している。嘉南平原南部に位置するため地勢は平坦である。

歴史編集

路竹区は古くは平埔族大傑巔社の居住地であり、旧名は「半路竹」と称され、清代の康熙年間にはその地名が確認できる。「半路竹」の由来については2説あり、一つは安平から約20里,鳳山から約26里の位置に位置し「半路」と称され、加えてこの地に竹が群生していたことから「半路竹」と称されるようになったというものと、この地に群生した竹が交通を阻害したため「絆路竹」と称されたものが転訛して「半路竹」と称されたものである。現在は前者の説が一般的である。 1920年の台湾地方改制の際、「半路竹」を「路竹」と改名し「路竹庄」がこの地に置かれ、高雄州岡山郡の管轄となった。戦後は高雄県路竹郷となり、湖内郷に属していた竹滬村、頂寮村を統合した。2010年の高雄県の高雄市編入に併せて路竹区と改編され現在に至る。

経済編集

行政区編集

三爺里、下坑里、文北里、文南里、北嶺里、甲北里、甲南里、竹西里、竹東里、竹南里、竹園里、竹滬里、社中里、社西里、社東里、社南里、後郷里、頂寮里、新達里、鴨寮里

歴代区長編集

氏名 退任日

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
台湾鉄路管理局 縦貫線 路竹駅大湖駅
国道 国道1号 中山高速道路 路竹IC・高科IC
省道 台1線
省道 台17線
省道 台28線 旗六公路

観光編集

外部リンク編集