踊る大紐育』(おどるだいニューヨーク、On the Town)は、1949年アメリカ合衆国ミュージカル映画。1944年のブロードウェイ・ミュージカル作品『オン・ザ・タウン』を原作としているが[3]、ストーリーや楽曲は大幅に変更されている。監督はジーン・ケリー(主演、振付も担当)とスタンリー・ドーネンが務め、フランク・シナトラアン・ミラーベティ・ギャレットが主要キャストとして出演している。撮影はスタジオセットの他にニューヨークコロンバスサークルアメリカ自然史博物館ブルックリン橋ロックフェラー・センターなどでロケーション撮影されている。2018年に「文化的、歴史的、美学的に重要な作品」としてアメリカ国立フィルム登録簿に登録された[4]

踊る大紐育
On the Town
On the Town (1949 poster) crop.jpg
監督 ジーン・ケリー
スタンリー・ドーネン
脚本 アドルフ・グリーン
ベティ・コムデン
原作 ジェローム・ロビンズ[1]
オン・ザ・タウン
製作 アーサー・フリード
ロジャー・イーデンス
出演者 ジーン・ケリー
フランク・シナトラ
ジュールス・マンシン
アン・ミラー
ベティ・ギャレット
ヴェラ=エレン
音楽 レナード・バーンスタイン
ロジャー・イーデンス
レニー・ヘイトン英語版
アドルフ・グリーン(作詞)
ベティ・コムデン(作詞)
撮影 ハロルド・ロッソン英語版
編集 ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年12月8日
日本の旗 1951年8月24日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,133,000[2]
興行収入 $4,428,000[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

海軍の水兵ゲイビー、チップ、オジーの3人は24時間の上陸許可を与えられ、ニューヨークでの休暇を満喫しようと街中に繰り出す。地下鉄に乗り込んだ3人は「ミス地下鉄」アイヴィ・スミスのポスターを見かけ、ゲイビーが彼女に恋する。ゲイビーはポスターを手掛かりにアイヴィを探し出そうと、2人と共にアメリカ自然史博物館に向かう。3人はアイヴィを探す中でタクシー運転手のヒルディー、人類学者のクレアという2人の女性と出会い、チップとオジーがそれぞれヒルディー、クレアと恋に落ちる。音楽学校に向かったゲイビーはようやくアイヴィを見付け出し、彼女と意気投合してデートの約束を取り付ける。その日の夜、5人はエンパイア・ステート・ビルディングで合流するが、そこに警官たちがやって来る。ゲイビーたちはアイヴィを探す途中で博物館の恐竜の骨格標本を倒してしまったため、追われる身となっていた。

警官たちをやり過ごしたゲイビーたちの元にアイヴィが合流し、6人はデートを楽しむが、途中でアイヴィが姿を消してしまう。落胆したゲイビーを慰めるため、ヒルディーはルームメイトのルーシーを呼び出して彼の相手をさせるが、ゲイビーはアイヴィのことを忘れられずにいた。ゲイビーたちはデートの途中でアイヴィのダンスコーチに出会い、アイヴィがコニーアイランドにいることを聞き出して彼女の元に向かうが、途中で警察と海軍憲兵隊に発見されてしまう。追跡を振り切ったゲイビーはコニーアイランドでアイヴィと再会し、彼女がショーガールだったことを知るが、ゲイビーは彼女への変わらぬ想いを伝える。そこに警察と海軍憲兵隊が現れ、ゲイビー、チップ、オジーは連行されてしまう。残されたアイヴィ、ヒルディー、クレアは警官や周囲の人々を説得して3人が連行された港に向かう。港に到着したアイヴィたちはゲイビーたちを別れを交わし、その中を上陸許可を与えられた水兵たちが桟橋を降りてくる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版1 テレビ版2
ゲイビー ジーン・ケリー 広川太一郎 尾藤イサオ
チップ フランク・シナトラ 筈見純 堀内賢雄
オジー ジュールス・マンシン はせさん治 佐々木功
アイヴィ・スミス ヴェラ=エレン 鈴木弘子 井上喜久子
ヒルディー ベティ・ギャレット 京田尚子 小宮和枝
クレア アン・ミラー 富永美沙子 小山茉美
ルーシー アリス・ピアス英語版 芝田清子 鈴木みえ
アイヴィのコーチ フローレンス・ベイツ英語版
教授 ジョージ・メイダー
ウェイター長 ハンス・コンリード
タクシーのオーナー マレイ・アルパー
  • テレビ版2:初回放送1991年1月3日 日本テレビ『新春映画劇場』※ノーカット

ミュージカル曲編集

出典[5]

  1. "I Feel Like I'm Not Out of Bed Yet"
  2. "New York, New York"
  3. "Miss Turnstiles Ballet" (instrumental)
  4. "Prehistoric Man"
  5. "Come Up to My Place"
  6. "Main Street"
  7. "You're Awful"
  8. "On the Town"
  9. "You Can Count on Me
  10. "A Day in New York" (instrumental)
  11. "I Feel Like I'm Not Out of Bed Yet"/"New York, New York" (reprise)

製作編集

用意された製作費は150万ドルで、これはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作のテクニカラーミュージカル映画としては最小規模の予算であり、撮影日数は46日間を予定していた[6]

撮影はニューヨークで行われた。同地でミュージカルシーンが撮影されたのは大手スタジオ製作映画で初となり、9日間かけて撮影が行われた[3]。ニューヨークでのロケーション撮影を提案したのはジーン・ケリースタンリー・ドーネンだったが、スタジオの最高責任者ルイス・B・メイヤーバックロット英語版にニューヨークの撮影セットがあることを理由にロケーション撮影を拒否した。しかし、2人の説得に根気負けしたメイヤーは「数日間だけ」という条件でロケーション撮影を許可した。ロケーション撮影ではフランク・シナトラを一目見ようと集まるファンへの対処が課題となり、ステーションワゴンにカメラを設置して周囲に撮影していることを気付かれないようにする対策が施された[7]

アメリカ映画協会ヘイズ・コードによって「ニューヨーク・ニューヨーク英語版」で「helluva」という単語が使用できなくなったため、該当する部分は「wonderful」という単語に変更された[3]

評価編集

興行収入編集

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの記録によると、『踊る大紐育』はアメリカ合衆国カナダで293万4000ドル、海外市場で149万4000ドルの興行収入を記録し、スタジオには47万4000ドルの収益が入った[2]

批評編集

Rotten Tomatoesでは28件の批評が寄せられ支持率93%となっている[8]Metacriticでは8件の批評に基づき71/100の評価となっている[9]バラエティ誌ニューヨーク・タイムズでも高い評価を受け、批評的にも成功を収めている[10][11]

受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 対象 結果 出典
第22回アカデミー賞 ミュージカル映画音楽賞 ロジャー・イーデンスレニー・ヘイトン英語版 受賞 [12]
第4回英国アカデミー賞 総合作品賞 踊る大紐育 ノミネート
第7回ゴールデングローブ賞 撮影賞
アメリカン・フィルム・インスティチュート アメリカ映画主題歌ベスト100 「ニューヨーク・ニューヨーク」 第41位 [13]
ミュージカル映画ベスト 踊る大紐育 第19位 [14]

出典編集

  1. ^ On the Town - American Film Institute Catalog(英語)
  2. ^ a b c The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .
  3. ^ a b c Turner Classic Movies”. 2018年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月4日閲覧。
  4. ^ 'Jurassic Park,' 'The Shining,' And 23 Other Movies Added To National Film Registry”. npr. 2021年1月4日閲覧。
  5. ^ Green, Stanley; Schmidt, Elaine (rev. and updated) (1990) Hollywood Musicals Year By Year (2nd ed.) Hal Leonard Corporation 0-634-00765-3
  6. ^ “'Town,' in Color, At $1,500,000, One of M-G's Lowest”. Variety: 7. (April 13, 1949). https://archive.org/stream/variety174-1949-04#page/n70/mode/1up 2021年1月4日閲覧。. 
  7. ^ Mankiewicz, Ben (February 19, 2017) Intro to Turner Classic Movies showing
  8. ^ On the Town (1949)”. Rotten Tomatoes. 2021年1月4日閲覧。
  9. ^ On the Town”. Metacritic. 2021年1月4日閲覧。
  10. ^ Staff (1948年12月31日). “Review: 'On the Town'”. Variety. https://variety.com/1948/film/reviews/on-the-town-1200416190/ 2021年1月4日閲覧。 
  11. ^ Crowther, Bosley (1949年12月9日). “'On the Town,' Yuletide Picture at Radio City, Is Musical to Please the Family”. The New York Times. https://www.nytimes.com/movie/review?res=990DEEDF1F3BE23BBC4153DFB4678382659EDE/ 2021年1月4日閲覧。 
  12. ^ The 22nd Academy Awards (1950) Nominees and Winners”. Oscars.org (Academy of Motion Picture Arts and Sciences). 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月18日閲覧。
  13. ^ AFI's 100 Years...100 Songs”. American Film Institute. 2016年8月13日閲覧。
  14. ^ AFI's Greatest Movie Musicals”. American Film Institute. 2016年8月13日閲覧。

外部リンク編集