窓ガラスが割られた自動車

車上狙い(しゃじょうねらい)とは、自動車等の積荷や車両内から現金や品物を盗むことである[1]車上荒しとも呼ばれる。

日本国内の認知件数編集

法務省警察庁の統計によれば、統計データ(車上狙いと部品狙いを合算した件数)のある1973年以降最多であった2002年(認知件数:57万1,837件)をピークに減少し、2019年の認知件数は5万4,011件となっており、統計データのある1973年以降最低の件数となった[2][3]

狙われる部品など編集

車内部品では、カーナビゲーション(カーナビ)やカーオーディオ[4]、あるいはタイヤアルミホイールが狙われる事が多い[5]ハイブリッドカーなどではバッテリーが盗難される事件も少なからず報告されている[6]

警察庁の統計(車上狙いと部品狙いを合算した被害数)より、2009年2018年の間で、一番多い被害品は、バッグ財布類であり、車上荒らしによって盗まれた全被害品の10%後半代で占めていた。次いで、カード有価証券であり全被害品の15%前後を占めていた。そして3番目は2009年と2010年はカーナビ、2011年以降はナンバープレートであり、カーナビの場合、全被害品の10%台、ナンバープレートは7%以上10%未満の割合で占めていた。4番目は運転免許証であり、全被害品の6%以上10%未満の割合で占めていた[7]

また、2018年の被害品数は、10万3,066品(内、バッグ・財布類:2万198品、カード・有価証券:1万7,461品、ナンバープレート:9,769枚、運転免許証:8,562枚)であった。更に前述の車内部品は2万1,954品(内、カーナビ:686台、カーオーディオ:37台、ナンバープレート:9,769枚、タイヤ・ホイール:1,715品、その他:9,747品)であり、車上荒らしによって盗まれた全被害品の約2割を占めているが、その内約44.5%をナンバープレートが占めている。何故なら、ナンバープレートを撮影するNシステムや、監視カメラによる警察の追跡や捜査の目をごまかし、犯罪の発覚を遅らせてるために窃盗団がナンバープレートを盗んでいるからである[8]

またカーナビは2009年時点で盗難品数が3万4,605台であり、盗難品種の第3位に位置していたが、2019年は686台と約50分の1となった。そしてカーオーディオも2009年は1,926台とあったが、2019年は37台と約52分の1に減っている[7]

そして、日本損害保険協会の調査より、2018年11月中に車上荒らしの被害により保険から支払われた件数は415件であり、年々減少傾向にある[9]


脚注編集

  1. ^ 自動車盗・車上ねらいの発生状況 - 神奈川県警
  2. ^ 法務省 (2019-11) (Excel). 令和元年版犯罪白書 第2編 平成における犯罪・少年非行の動向 第1章 犯罪の動向 第1節 刑法犯 2 主な刑法犯 (1)窃盗 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_2_1_1_2.html#h2-1-1-11 2020年2月8日閲覧。. 
  3. ^ 警察庁刑事局捜査支援分析管理官 (2020年2月6日). “平成31年1月~ 令和元年12月犯罪統計【暫定値】”. 2020年2月8日閲覧。
  4. ^ “オーディオは狙われる(かなり安全)”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社). (2004年9月18日) 
  5. ^ “「車上荒らし」最新手口の防護マニュアル 5年で被害倍増”. 朝日新聞 週刊 (朝日新聞社). (2003年2月21日) 
  6. ^ “プリウスの「バッテリー盗難」が多発している!”. Wired (CONDE NAST JAPAN). (2015年5月23日). https://wired.jp/2015/05/23/prius-batteries-being-targeted/ 2017年9月30日閲覧。 
  7. ^ a b 統計>平成30年の 刑法犯に関する統計資料”. 警察庁. pp. 45-48 (2020年8月30日). 2020年2月8日閲覧。
  8. ^ 国沢光宏 (2019年8月12日). “【盗んでどうする??】ナンバープレート盗難急増中!! 悪質窃盗団の真の狙いとは??”. ベストカーWeb編集部. 講談社ビーシー. 2020年2月9日閲覧。
  9. ^ 日本損害保険協会 (2019-03-20) (PDF). 「第20回自動車盗難事故実態調査結果」を発表 ~レクサスが初めて車両盗難ワースト1、車両盗難の約78%が屋外駐車場で発生~【No.18-047】 (Report). pp. 17. https://www.sonpo.or.jp/news/release/2018/1903_01.html 2020年2月8日閲覧。. 

関連項目編集