メインメニューを開く
窓ガラスが割られた自動車

車上狙い(しゃじょうねらい)とは、自動車等の積荷や車両内から現金や品物を盗むことである[1]車上荒しとも呼ばれる。

狙われる部品など編集

車内部品では、カーナビゲーション(カーナビ)やカーオーディオ[2]、あるいはタイヤアルミホイールが狙われる事が多い[3]ハイブリッドカーなどではバッテリーが盗難される事件も少なからず報告されている[4]。2000年代はカーナビの盗難が群を抜いて高い傾向にある(日本損害保険協会の自動車盗難事故実態調査では、2004年〜2008年のカーナビ盗難件数は第一位となっている)。


脚注編集

  1. ^ 自動車盗・車上ねらいの発生状況 - 神奈川県警
  2. ^ “オーディオは狙われる(かなり安全)”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社). (2004年9月18日) 
  3. ^ “「車上荒らし」最新手口の防護マニュアル 5年で被害倍増”. 朝日新聞 週刊 (朝日新聞社). (2003年2月21日) 
  4. ^ “プリウスの「バッテリー盗難」が多発している!”. Wired (CONDE NAST JAPAN). (2015年5月23日). https://wired.jp/2015/05/23/prius-batteries-being-targeted/ 2017年9月30日閲覧。 

関連項目編集