メインメニューを開く

車内誌 (しゃないし)は、鉄道バス等の乗客のために鉄道会社バス会社が車内に備え付け無料で配布する雑誌

新幹線に搭載されるものは新幹線登載誌[1]あるいは新幹線車内サービス誌[2]とも呼ばれる。

目次

概要編集

鉄道会社が特急列車に車内誌(東日本旅客鉄道(JR東日本)の『トランヴェール』や西日本旅客鉄道(JR西日本)の『西Navi』(編集は京阪神エルマガジン社)、九州旅客鉄道(JR九州)の『Please』、北海道旅客鉄道(JR北海道)の『The JR Hokkaido』など)を置くケースや[3]東京空港交通の『Via』[4]のようにバス会社がリムジンバスなどに車内誌を置くケースがある。また『Wedge』(ウェッジ東海旅客鉄道(JR東海)系)のように、市販もしているものの東海道山陽新幹線グリーン車での無料配布を主眼に置き、実質的に車内誌の代替品として使われている雑誌もある[5]

鉄道の車内誌編集

『Wedge』(ウェッジ、JR東海系)
1989年(平成元年)創刊の総合情報誌[1]。定価500円の雑誌だが東海道・山陽新幹線のグリーン車では無料配布。
『ひととき』(ウェッジ、JR東海系)
東海道・山陽新幹線のグリーン車全席に1か月間搭載[1]
『トランヴェール』(JR東日本)
JR東日本の東北新幹線山形新幹線秋田新幹線上越新幹線北陸新幹線に搭載[2]。JR東日本では北海道新幹線にも搭載する方針としている[6]。「トランヴェール」はフランス語で「緑の列車」を意味する[2]
『西Navi』(JR西日本)
JR西日本の山陽新幹線北陸新幹線などの車内に搭載のフリーペーパー。編集は京阪神エルマガジン社
『Please』(JR九州)
九州新幹線やJR九州の特急列車内に搭載[7]
『The JR Hokkaido』(JR北海道)
JR北海道が特急列車などに搭載している車内誌[6]。なお、JR北海道では北海道新幹線には搭載しない方針としている[6]
『るるぶFREE ロマンスカー箱根・小田原』『るるぶFREE ロマンスカーMELLODA』(小田急電鉄
ロマンスカーに搭載している車内誌[8][9]。原則としてMSE車には『MELLODA』が、それ以外の車種には『箱根・小田原』が搭載される。名称からもわかるように『るるぶ』(JTBパブリッシング)のシリーズの一つでもある。
『るるぶFREE スペーシア日光・鬼怒川温泉・浅草』(東武鉄道
特急スペーシアに搭載している車内誌[10]。上記の小田急の事例同様、こちらも『るるぶ』シリーズの一つである。
『KTX MAGAZINE』(韓国鉄道公社
韓国鉄道公社が高速鉄道「KTX」の車内に搭載している車内誌。
『National』(アムトラック
アメリカ合衆国本土で中長距離旅客列車を運行するアムトラックの列車に搭載している隔月刊の車内誌[11]。旅行記、アメリカ企業の紹介、詩、芸術写真などのコンテンツを有する[11][12]。座席のシートポケットに用意されている他、オンラインで閲覧できる電子版ウェブサイトも用意されている[11][12]ロンドンに本拠地を置き、アメリカン航空機内誌『American Way』を手がけるInk社のニューヨーク支局が発行している[11][12]2016年10月創刊[12]。これ以前は『Arrive』という車内誌が10年にわたって発行されていたが、2016年夏/秋号をもって終刊となった[12]

バスの車内誌編集

『Via』(東京空港交通)
1980年創刊[13]1992年に現在の誌名に変更した[13]羽田空港成田空港発着のリムジンバス車内に搭載している[4]
『SUKI』(一畑バス
2000年5月創刊の季刊誌[14]。同社の高速バスに搭載している。
『天神情報マガジン ep.』(西日本鉄道
隔月刊[15]。西日本鉄道・西鉄高速バスが運行する西鉄天神高速バスターミナル発着の高速バス車内に搭載している。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新幹線登載誌”. ジェイアール東海エージェンシー. 2016年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c トランヴェール”. JR東日本. 2016年3月15日閲覧。
  3. ^ 『トランヴェール』 - JR東日本
  4. ^ a b リムジンバス車内誌「Via」 - 東京空港交通
  5. ^ WEDGE媒体資料 (PDF) - ジェイアール東海エージェンシー
  6. ^ a b c JR北海道、新幹線に車内誌置かず 増刷経費の負担重く”. 北海道新聞. 2016年3月15日閲覧。
  7. ^ メディア”. JR九州. 2016年3月15日閲覧。
  8. ^ るるぶFREE ロマンスカー箱根・小田原
  9. ^ るるぶFREE ロマンスカーMELLODA
  10. ^ るるぶFREE スペーシア日光・鬼怒川温泉・浅草
  11. ^ a b c d Amtrak Launches National On-Board Magazine”. Amtrak Media center (2016年10月3日). 2018年6月9日閲覧。
  12. ^ a b c d e Becky Peterson (2016年7月25日). “Amtrak to Launch New National Magazine”. Folio:. 2018年6月9日閲覧。
  13. ^ a b via(ヴィア) - fujisan.co.jp
  14. ^ 一畑高速バス車内誌「SUKI」 - さんいん旅ねっと
  15. ^ 天神情報マガジン ep.(フリーペーパー) - 西鉄エージェンシー

関連項目編集