車 冑(しゃ ちゅう、? - 199年)は、中国後漢末期の人物。

劉備曹操の下から離れたとき、徐州刺史の地位にあった。袁術自滅後、劉備が曹操に反旗を翻すと、劉備の襲撃を受けて殺害され、徐州を奪われた。

小説『三国志演義』では、曹操から劉備殺害を命じられる。しかしそれを事前に察知した陳登が、関羽張飛に報告したため、関羽・張飛に曹操軍に成り済まされて車冑軍へ潜り込まれてしまう。このことに気付かなかった車冑は、部下と共に皆殺しとなっている。