車輪の下』(しゃりんのした、独語:UNTERM RAD)は、ヘルマン・ヘッセ長編小説1905年に発表された。なお、邦訳本によっては『車輪の下』や『車輪の下』と題するものもある。

車輪の下
Unterm Rad
作者 ヘルマン・ヘッセ
ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
ジャンル 長編小説青春小説
刊本情報
出版年月日 1905年
ウィキポータル 文学 ポータル 書物
テンプレートを表示

周囲の人々からの期待を一身に背負い、その軋轢の中で心を踏み潰されていく少年の姿を描く自伝的長編小説。日本では、ヘッセの作中で最も有名な作品の一つである。

作品 編集

あらすじ 編集

ハンスという少年は、天才的な才能を持ち、エリート養成学校である神学校に2位の成績で合格する。町中の人々から将来を嘱望されるものの、神学校の仲間と触れ合ううちに、勉学一筋に生きてきた自らの生き方に疑問を感じる。そして、周囲の期待に応えるために、自らの欲望を押し殺し、その果てに、ハンスの細い心身は疲弊していく。

背景 編集

ヘッセは、少年時代の神学校在学時に、「詩人になれないのなら、何にもなりたくない」と悩み、不眠症ノイローゼを患うようになった。その結果、神学校を退学、精神療養を経て、一般の高校に転校する。その後も、どうすれば詩人になれるのかを悩み続け、再び高校を退学、本屋の見習いとなった。しかし、三日でその店をやめて、消息を絶ってしまった。この物語の主人公であるハンスには、周りに誰も支えてくれる人がいない。それに対して、ヘッセには、母親がいた。そして、母親の存在があったおかげで、ヘッセは立ち直ることができた。ハンスとヘッセとの大きな違いである。

邦訳 編集

本作は複数の日本語訳版が出版されている。中でもヘッセ作品を最初に日本に紹介し、また自身もヘッセに面会したことのある高橋健二が訳したものが最も有名である。