軍用列車(ぐんようれっしゃ)とは、軍隊鉄道を使い前線への兵士兵器、物資の輸送などのため運行する列車のことである。

氷結したバイカル湖を横断する軍用列車と満韓国境を目指すロシア兵(日露戦争

概要編集

鉄道は軌道上を走行する交通機関であり、トラックなど他の兵站輸送手段と異なり、空襲等から逃れることが難しいため、軍用列車では対空砲などの自衛のための火器を搭載することがある。なお、鉄道及び沿線の防衛に特化したものを装甲列車という。また、軍用列車のために敷設された鉄道を軍用鉄道(軍用線)と呼ぶことがある。現在でも、廃線跡として残るところもある。

歴史編集

1802年リチャード・トレビシック蒸気機関車を発明して以来、各国の軍部は軍事用に鉄道を利用する研究を続けたが、19世紀中頃になるまでそれが実用化することはなかった。これは輸送機器があったとしてもインフラとしての鉄道網が整備されておらず、ロケット号などの初期型蒸気機関車の牽引能力は二軸車数両であり、せいぜい小部隊しか輸送不可能という問題があったためである。ようやく技術改良で能力が向上し、軍が満足出来るほどの輸送力が満たせるようになったのは鉄道の誕生から約半世紀後のことだった。

最初に軍事に鉄道を利用したのはプロイセン王国、後のドイツ帝国1846年のこととされる。続いて欧州ではクリミア戦争、アメリカでは南北戦争で広く鉄道が利用され、南北戦争では最初の列車砲である13インチ列車臼砲が登場している。

明治時代の日本でも鉄道の軍事利用は最初から視野に入れており、敵の艦砲射撃を避けるため、東海道本線は海岸沿いを避けて内陸の御殿場回りで線路を敷設したり、「敵の攻撃に対して脆弱である」との理由で電化にも反対したが、輸送効率の問題で昭和時代に路線は熱海経由の海岸沿いとなり、電化もなされている。また日露戦争に備えて、やはり内陸沿いに路線が移された小倉裏線のような専用の軍用路線や、軍用駅として足立軍用停車場を建設している。だが、平時では全く利用価値がないこれらの施設は、共に1916年に廃止されている。

主な輸送物資編集

輸送される物資はあくまでも梱包された貨物であり、兵器類が搭載されていたとしても自衛用に設置されている物を除き、即座に使用可能な状態ではなく、これが装甲列車との相違点である。

物資の輸送形態がコンテナ化されていない場合、積み卸しに関しても手間がかかり、第二次世界大戦中のVI号戦車などは、車両限界をクリアするため、無限軌道をわざわざタイトな鉄道輸送用に交換する必要まであった。

特殊な物資としては、前線に娯楽を届ける慰問団として民間人軍属を運んだり、捕縛した捕虜を後送する捕虜護送列車などもある。

見送りと群衆事故編集

出征する兵士を乗せた軍用列車の見送りは、親族や地域住民にとって大きなセレモニーとなった。 日本では戦時色が強くなるにつれて規模が拡大。しばしば群衆事故を招くこともあった。

  • 1934年(昭和9年)1月8日 - 京都駅構内で海軍に入団する新兵を見送るために集まった人垣で将棋倒しが発生。死者77名、重軽傷者74名(京都駅跨線橋転倒事故を参照)。
  • 1937年(昭和12年)10月27日 - 横浜駅を出発する軍用列車を見送る人々が並走する京浜線内に侵入。京浜線の急行電車に100余人がはね飛ばされ、死者26人[1]
  • 1939年(昭和14年)7月27日 - 戸塚駅近くの日本光学工場裏手の駅構内線路内で、同社社員約500人が同僚の見送りを行っていたところに準急列車が進入。15人が死傷[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 軍列車歓送の人波に電車、二十六人死亡『中外商業新聞』(昭和12年10月28日)『昭和ニュース辞典第6巻 昭和12年-昭和13年』p77 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  2. ^ 線路内で見送りの群れに列車、十五人死傷(昭和14年7月28日 東京朝日新聞(夕刊))『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p85 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年

関連項目編集

外部リンク編集