メインメニューを開く

軍道

1950年代の軍道1号線(那覇市泊)

軍道(ぐんどう)とは、日本復帰前の沖縄において、米国民政府が設置し維持管理をしていた道路のことで、日本本土における国道に相当する道路のことである。軍用道路ともいう。軍用車両も通行できるなど軍事的観点から全線が舗装されており、管理と補修は米軍によって行われた(1号線(現国道58号)は一部米軍機の非常用滑走路の役割もあった)。復帰直前にほとんどの軍道は政府道となり、復帰と同時に国道または県道に移行した。

軍道には米軍基地内を通る純軍道と基地外を通る一般の軍道に分かれる。さらに政府道に近いが管理と補修を軍が行う軍営繕道というのがある。

目次

軍道一覧編集

所在自治体は1972年の本土復帰時点

純軍道区間編集

  • 3号線 米軍那覇基地第1ゲート - 第3ゲート
  • 5号線 米軍嘉手納基地第2ゲート - 第3ゲート
  • 12号線 読谷村喜名 - 米軍嘉手納弾薬庫 - 嘉手納基地内
  • 20号線 嘉手納基地第2ゲート - 第1ゲート(嘉手納基地内)

軍道区間編集

軍営繕道区間編集

  • 1号線 読谷村大湾 - 名護市名護城交差点
  • 5号線 宜野湾市普天間 - 真栄原
  • 6号線 恩納村仲泊 - 石川市(現うるま市石川)東恩納
    • 現在・沖縄県道6号線
  • 13号線 糸満市照屋高嶺入口交差点 - 与座、金武村(現金武町)屋嘉 - 宜野座村潟原
  • 15号線 東風平村(現八重瀬町)高良 - 具志頭村(現八重瀬町)仲座
  • 34号線 宜野湾市大謝名 - 真栄原
    • 現在・沖縄県道34号宜野湾西原線
  • 44号線 那覇市旭橋交差点 - 与那原町与那原
    • 現在・国道330号(旭橋 - 古波蔵)、国道507号(古波蔵 - 上間)、国道329号(上間 - 与那原)
2007年9月まで全区間国道329号だったが、那覇東バイパスが本線に変わり那覇市内でルート変更したため)

関連項目編集

外部リンク編集