軟骨質(なんこつしつ、: chondrin)とは軟骨を煮た際に得られるゼラチン様物質。軟骨は軟骨質の基質内に組み込まれた細胞を含む結合組織。骨の長さの成長に関わっている[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 監修山田敬喜、肥田岳彦『ぜんぶわかる 骨の名前としくみ事典』成美堂出版、2012年、15ページ、ISBN 978-4-415-31001-5

外部リンク編集