メインメニューを開く

輝け隣太郎(かがやけりんたろう)はTBS系列で1995年10月8日から12月24日東芝日曜劇場枠で放送されたテレビドラマ


目次

あらすじ編集

広告代理店「マルチハウス」の営業マン萌沢隣太郎(唐沢寿明)は、恋人みちる(つみきみほ)の企画したインスタントカメラ「即写くん」も軌道に乗りプロポーズした矢先、みちるが交通事故で突然亡くなってしまう。クライアントである「Jフィルム」の山梨部長(西村雅彦)にやたらと無理難題を突きつけられる隣太郎だが、その山梨に気に入られJフィルムへの引き抜きの話があったり、クライアントの副社長令嬢との見合いを無理矢理させられたりと、サラリーマン隣太郎の悪戦苦闘の活躍を描いたホームドラマ。

女手一つで隣太郎を育て上げたちょっと変わり者の(実は息子のことでは人一倍心配性な)母親りん(樹木希林)との母子の軽妙なバトルを中心に、前半ではみちるとりんとの仲がうまくいかずに悩む隣太郎の姿や、苦境に陥った隣太郎に普段は部下を突き放しているが肝心なときに強い味方になる上司の香田部長(長塚京三)、隣太郎の同僚でライバル意識の強い富島(寺脇康文)、いつも横柄で高飛車だが実は人間味のある一面を持つ山梨などとの人間模様が、サラリーマン社会の厳しさを巧みに絡めて描かれている。

1995年10月15日放送の第2話「あの子はNG」で東芝日曜劇場は放送2000回(単発ドラマ時代を含む)を達成した。

以前から隣太郎に想いを寄せていて、みちるのあと隣太郎の恋人となり、副社長令嬢を得意の柔道で投げ飛ばしてマルチハウスを退社し、隣太郎への愛を育む角田真実子役(最終話で隣太郎と結婚する。)にドラマ初出演となる江角マキコが起用されている。

また、「即写くん」のイメージ・キャラクター「即写マン」にはSMAPの中居正広が起用され、番組に本人役でゲスト出演している。

キャスト編集

テーマ曲編集

  • 主題歌「2人のすべて」唐沢寿明&樹木希林
  • 挿入歌 唐沢寿明

スタッフ編集

サブタイトル編集

  1. 絶妙コンビの親子
  2. あの子はNG 
  3. 母か彼女か栄転か
  4. スゴイもん出来た
  5. 答えは出たのに…
  6. 恋人は逝った
  7. みんな心配してる
  8. 辞めないで下さい
  9. 新しい恋の予感
  10. 愛の一本背負い
  11. 僕に出来ること
  12. 涙の披露宴
TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
輝け隣太郎