メインメニューを開く

輪嶋 直幸(わじま なおゆき、1949年8月2日 - )は、日本の体操指導者、武蔵野学院大学教授[1]おかあさんといっしょ(登場した当初はうたのえほん)6代目たいそうのおにいさん(後に司会に転向)、NHKラジオ体操テレビ体操の指導者である。

わじま なおゆき
輪島直幸
生年月日 (1949-08-02) 1949年8月2日(70歳)
出生地 日本の旗 日本
職業 体育指導員
主な作品
テレビ番組
おかあさんといっしょラジオ体操
テンプレートを表示

目次

人物・来歴編集

北海道磯谷郡蘭越町出身。1972年日本体育大学体育学部体育学科卒業。同大学在学中の1971年4月に番組に登場し、6代目たいそうのおにいさんに就任。体操は1974年3月までは「ジャンポンポン」、1974年4月から退任まで「地球をどんどん」を担当。「ようじ体操・スイッチオン」は瀬戸口清文の担当だった。7年間たいそうのおにいさんを務め、1978年3月、たいそうのおにいさんを退任したが、番組には総合MCのポジションとなり引き続き1981年3月まで出演。「ハイ・ポーズ」のルーツにもなる親子体操「親子たいそう」や当時のエンディング「ブンブンホイ」などに出演していた。当時の歌のコーナーやレコードでは宮内良(4代目うたのおにいさん)・奈々瀬ひとみ(13代目うたのおねえさん)・8代瀬戸口清文らと共に「大きなかぶ」などを歌っていた。1981年3月に宮内良・奈々瀬ひとみと共に番組を卒業した。NHKのグラフィティでは出演期間は1971年4月 - 1978年3月までとされる。また、『ママとあそぼう!ピンポンパン』『クイズ百点満点』においても活動していた。番組卒業後は数々の番組(特に幼児番組)の体操指導や、NHKラジオ体操テレビ体操の指導者を1985年春から2003年秋まで歴任後、武蔵野学院大学教授を務めている[1]

出演編集

外部リンク編集

脚注編集