輸卵管(ゆらんかん、: Fallopian tube)または卵管(らんかん、: oviduct)は、哺乳類鳥類に存在する卵巣子宮を結ぶ細長い器官である。イタリアの解剖学者に因んでファロピウス管とも呼ばれる。その構造から卵管漏斗卵管膨大部卵管峡部に区別される。

輸卵管
Scheme female reproductive system-ja.svg
輸卵管(Fallopian tube)の位置
Oviduct-hen.jpg
ニワトリの輸卵管
1 漏斗、2 筒部、3峡部、4 子宮、5膣(卵が入っている)
ラテン語 tuba uterina
英語 Fallopian tube
器官 女性器
動脈 卵巣動脈
子宮動脈
テンプレートを表示

概要編集

卵管漏斗は漏斗状の構造をしており、卵巣からの卵細胞を収容する。卵管膨大部は卵管漏斗と卵管膨大部の間にある太い管であり、生殖細胞受精を促す場である。ここに到達した精子は、数日間劣化せずに残留することが可能である。卵管峡部は子宮に繋がる細管であり、受精卵を子宮へ運ぶ。ほとんどの哺乳類において卵管峡部を通過するのに4〜5日かかり、着床までの初期胚の発生の場となる。卵管膨大部と卵管峡部は、内輪走筋層と外縦走筋層の収縮による蠕動運動によって精子の運搬を行う。卵管の壁は粘膜・筋層・漿膜の3層からなり、粘膜上皮は単層円柱上皮である。

鳥類の輸卵管編集

鳥類の輸卵管は、以下の部分に分かれる。

  • 漏斗 - カラザを形成、受精の場
  • 筒部 - 卵白を形成
  • 峡部 - 卵殻膜を形成
  • 子宮 - 卵殻を形成
  • - クチクラ層を形成

鳥類では通常左側の輸卵管のみ発達して、右側のものは退化する。その理由は不明である。

哺乳類の輸卵管編集

爬虫類から進化した哺乳類では、輸卵管は卵管子宮へと進化しており、受精卵は体外へ排出されずに子宮へ留まる。従って哺乳類では通常、輸卵管とは呼ばない。

参考文献編集

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4-87362-113-5

関連項目編集